横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

ニード論

(スキー:12日目)

仕事関係の年に1度の修行(研修)が昨日で済んだ。

義務付けられているので仕方ないんだけど、やっぱり自分の職場じゃない環境での

研修は厳しいものである。

んで、そんな研修も終わってのスキー。

朝からキュンと冷え込んで空は快晴。

気持ちエエ~!

ゲレンデに着くと、昨日は技選があったらしく、下のコースにコブが作ってあった。

もちろん、コブをやりまくる。

気持ちエエ~!!

でも、このコブも数日の内にピステンを掛けられちゃうんだろうなぁ~。

記事の題目の「ニード論」だけど、看護学に出て来るマズローやヘンダーソンの

ニード論のことじゃないので悪しからず・・・。

で、私のニード論だけど、前からこのブログにも書いてるし、機会があるごとに

友人のスキー場関係者にも言っていること。

昔ながらのスキー場運営じゃなく、今のスキーヤーのニーズに合わせた運営を

する必要があるんじゃないかと思うのです。

それは、奥神鍋に今日の様なコブを常設すること。

モーグルをしたいってほどの人は少ないかもしれないけど、コブを滑られるように

なりたいと思ってる人は多い。

そして、今日もそんな人が多く練習してた。

奥神鍋に、練習しやすいコブがあれば、間違いなく、それを求める人は来る。

特に、スノーボードの検定種目でもコブがあるらしいから、スノーボード用の

コブも常設されたら喜ぶ人は多いと思う。

スキー場関係者は、もっともっとインターネットでスキーヤーのブログとかを確認して

ニーズを把握すべきだと思う。

コブを滑られるようになりたい人、練習したい人が多いのである。

ん~、実に勿体ない。

奥神鍋は、そんなお客さんを近くの〇〇スキー場や〇〇スキー場に取られている。

例えば、キッカーやレールみたいなのを管理しようと思うと、それを専門的に

従事する人を雇う必要がある。

でも、コブを常設するのは、そこそこの雪量も必要だがコストは掛からない。

短いポールを立てといたら1時間もすればコブのラインが出来る。

後は勝手にコブが仕上がる。

確かに、SAJ傘下の各種団体の本気モードのニーズに応えることも大事だと思う。

一般スキーヤーとしては、そんな人達に憧れたりもするんでね・・・。

でも、本気モードとは無縁の、レジャーで楽しむスキーヤーの方が遥かに多い。

そんな人のニーズにも応えることは大事だと思うの。

5線の壁下の左っ側の整地せずに放ったらかしにしてある斜面。

新雪をやるには斜度が無さ過ぎて無視する斜面。

あそこを整地して1時間ほど短いポールでも差しとけば、コブを練習したい人にとって

打ってつけのコブが出来て、ゲレンデの有効利用が出来ると思うんだけどねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20180115230935j:plain

f:id:yokozukioyaji:20180115230959j:plain

んで、帰宅してから自宅裏の山に狩猟用の罠を準設置。

シカやイノシシの足跡を確認して、明日の朝の出勤前に設置するためアンカーへの

取り付けをした。

んで、その後は自作自演の物作り。

罠を量産するための型作り。

今までは、踏板は測りながら線を引いて切り出してたんだけど、効率が悪いし、

いつか工業戦品として量産して販売するかもしれないから型を作ってみた。

これを材料に当てがって線を引いて切り出せば、同じものが量産できる。

でも、こんなんを作っても、一般受けはないわなぁ~。

狩猟する人が増えることはないと思うから。

でも、これも少ない狩猟者に対してのニーズを考えてのことなのである。

将来、小遣い稼ぎにはなるかもしれない・・・。 

f:id:yokozukioyaji:20180115231040j:plain

1・11・11

(スキー:11日目)

昼まで仕事で帰宅したのが1時前。

遅めの昼ご飯を食べて1時半頃に家を出発してスキー。

今朝の3時頃、星が綺麗に出ていただけあって放射冷却で今日はアチコチカチコチ。

我が家の庭先で、日陰とは言え夕方まで凍ったまんまなのは久し振り。

滑り出しが2時頃だと言うのに、シーズンに一度あるかないかの極上な雪質。

ただ、ここのところ強い寒気だけど入り方が西寄りだから、海沿いは大雪だけど

スキー場まで届かず、もっと積もってほしいところ。

で、滑り出しの時間が時間だったんで、山頂には上がらず下のコースだけを

コブを中心に滑った。

固く締まったコブだったけど、楽しく滑られるコブだった。

さて、今日の記事のタイトルが何で「1・11・11」かと言うと、大した意味はない。

今日は1月11日の大安吉日。

そして、スキーが今シーズンの11回目だったから、タイトルを考えることなく

数字を並べただけ。

決して、エニグマで書かれた暗号とかではないので悪しからず。

f:id:yokozukioyaji:20180111172315j:plain

f:id:yokozukioyaji:20180111172336j:plain

昨日こと、今日のこと。

(スキー:10日目)

昨日は我が弱小剣友会の稽古始。

ついこないだ稽古始をしたような感じなのに、もう今年の稽古始。

何だか早いね、時間の経つのが・・・。

で、昨夜、記事を書こうと思ったがと言うか、書こうとしたが、アルコールが

私の脳がノックアウトされてしまったことと、疲れによる睡魔に勝てなかったことから

今日の書き込み。

で、今年も、なぎなたと一緒に稽古始。

何故ゆえに、なぎなたと一緒にかと言うと、我が弱小剣友会の稽古は、なぎなた

会場を一緒にして稽古している。

と言うか、昔っから、同じ組織として活動しているのである。

んで、いつもの様に稽古して、子供らに紙風船を付けさせての試合。

間違いなく言えることだが、普段の稽古でも試合でも見ることが出来ない

見事な面が繰り出され「ポンッ!」と大きな音がして割れる。

やっぱり、言葉で説明するよりも、明確な目標、つまり打突部に付けた紙風船

割ると言うことをさせた方が良い技が出る。

特に目標もなく、ただフラフラと生きてる私には、こんな風に明確な目標を

掲げることが必要なのかもしれない。

・・・と少しだけ思ったけど、やっぱり今のままフラフラが良いかもぉ~?

f:id:yokozukioyaji:20180109180556j:plainで、稽古の仕上げに、なぎなたのN先生が防具を着けてたんで、我が弱小剣友会の

大人で一番若いU君に防具を着けさせ、異種格闘技戦をしてもらった。

N先生は、既に3回目の成人式を終えて久しいが、知る人が知るなぎなたの大御所で、

過去に世界選手権6連覇を果たし、今も世界中から多くの方がN先生の指導を仰ぎに

来られるほどの超大物。

今年は、福井県で国体があるんだけど、その福井県チームの指導を委託されて

通い続けてるらしい。

そんでもって、異種格闘技戦だが、そのN先生が現役の頃、試合が近くなると、

近間の打ち合いに慣れたいと言うことで頼まれてやらされた。

もちろん、変幻自在に飛んでくる薙刀でボコボコにされ、避ける習慣のない脛は

「どうそ、お打ち下さい!」ってな感じで爪先を差し出してしまい打たれまくるから、

痛さで転げ回った。

ま、現役の頃ほどではないにしろ、若いU君を生贄にしたくてしたくて・・・。

で、その異種格闘技戦だが、見てて面白い様に打たれまくってた。

年齢差は3倍近いのに、子供の手を捻るようにボッコボコ。

あぁ~良かった、稽古の声を掛けられた時に、若いU君を売っておいて・・・。

なので警告しておく。

N先生の正体を知らぬ諸兄、その辺のオバちゃんだと思って酔っ払って絡んだら危険。

ま、優しいから殺されはしないけど、家から出たくなるかもしれない。

f:id:yokozukioyaji:20180109180630j:plain稽古が終わってからは食事会とゲーム。

今年も、シカの背肉を刺し身で振舞ったら喜んでもらえた。

特に、学校で英語講師をしているニューヨーク出身とオレゴン出身の若い女性2人が

喜んで食べてくれた。

また、この2人がカワイイのよねぇ~。

そして、ビンゴゲームでは意外なことに、それぞれ「ひらがな練習帳」と巻き寿司用の

「簀巻き」を嬉しそうに持って行った。

意外だ・・・。

和柄の箸とか湯飲み茶わんの方が気に入って貰えると思ったのに。

f:id:yokozukioyaji:20180109184859j:plain

で、今日は休みだったけど、昼まで仕事。

昼過ぎに帰ってから昼飯を食ってスキーへGO!

滑り始めは1時頃。

軽ぅ~く、1時間半ほど流して撤収。

連休明けってことや技選とかがあって、あちこちにコブが出来てて面白かった。

ちょっとカリカリだったけどねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20180109185104j:plain

f:id:yokozukioyaji:20180109185153j:plain

f:id:yokozukioyaji:20180109185222j:plain

 

平成30年の滑り初め

(スキー:9日目)

仕事明けで帰宅したのが11時頃。

飯食って平成30年の滑り初めでも行くかねぇ~と思ってトイレに入ってた時、

奥様に実家から電話が・・・。

軽トラックのカギを閉じ込めちゃったらしい。

予備キーがどこにあるか分からず、お手上げ状態。

ならばと駆け付けて解錠を試みるもんの、なかなか開かない。

ドアのロックノブが、ドア内側のドアノブのところに付いてるタイプ。

ここで、詳しい解錠方法は書かない。

悪用されても困るんでね。

通常は、〇〇〇を〇〇〇〇〇〇〇〇〇と〇〇〇の間に差し込んで〇〇〇〇〇を

動かしてやると解錠する。

今回も、その方法で試みた。

しかし、なかなか〇〇〇〇〇を動かせなかったんで、最終手段としてキーシリンダーを

外すことにした。

〇〇〇でキーシリンダーの〇〇〇〇を〇に〇〇〇〇て〇してしまうと言う方法。

で、外れた状態が写真のとおりで、解錠した後はドアの内装を外してキーシリンダーを

〇れた〇〇〇〇で〇〇しなおして完了。

ドアの上にロックノブが付いてるタイプなら、〇〇〇〇の〇を使って〇〇〇〇の

〇〇から〇〇〇〇たりする方法がある。

あと、ホームセンターで売ってる〇〇〇の〇〇〇〇〇〇の〇を少しだけ〇〇て、

〇を取り付けたものを作る。

〇〇の〇を〇〇〇〇て〇〇を〇って、そこから〇〇〇〇で〇〇〇の〇〇の〇〇〇〇〇を

〇〇したら開けることが出来る。

でも、良い子の皆はマネしちゃダメだぞっ・・・と!

f:id:yokozukioyaji:20180105222117j:plain

んで、その後はスキーに。

滑り始めは1時頃だったかな?

人も多いんで、軽ぅ~く流す程度しか滑られなかったけど、平成30年の滑り初め。

十分に満足いたしました。

それにしても、このゴーストって板は最高。

スピード出しても板は暴れないし、常に雪面に接している。

かと言って、ブレーキが掛かってるんじゃなく、板を縦に走らせるとシュパッパパパと

スピードに乗ってくれる。

しかも安定感あり。

んでもって、コブも新雪深雪不親切でも快適。

こりゃ、エエですわっ!

そして、リフトに乗ってると下からガン見する人の多いこと・・・。

ま、そうだわなぁ~。

板の表面は、白の無地でテール側にGHOSTとReIsmのロゴが入っているだけ。

滑走面は、これでもかってほどのピンクにGHOSTとMade in Japanのロゴ。

そして、軽く流すとは言っても、派手に滑るタイプなので目立つわなぁ~。

そりゃ「あの板は何じゃ?」とロゴを読もうとする人はいるわなぁ~。

f:id:yokozukioyaji:20180105222158j:plain

f:id:yokozukioyaji:20180105222219j:plain

f:id:yokozukioyaji:20180105222242j:plain

んで、帰宅してから県民局に書類の提出に行く。

狩猟期だけではあるがイノシシやシカを獲ってるんで、一応は兵庫県の事業である

狩猟期シカ捕獲拡大事業に申請している。

つまり、狩猟期にシカを2頭以上捕獲したら1頭につき5,000円の補助金が出る事業。

それは、前月の結果を当月の10日までに報告しなければならない。

この報告が面倒なんてもんじゃない。

まず、私の様な「くくり罠」でシカを捕獲したら、罠に掛かっている写真が必要。

しかも、罠が見える様に写すこと。

そして、差し止めしたシカの頭を左にして体に狩猟者登録番号を書いて、指定の

内容(日時、場所、氏名、狩猟方法別、シカの雌雄別等々)を記入した看板を書いて

自分自身が写る様に写真を撮らなきゃなんない。

更に、下顎前歯2本を提出も必要。

そのため、1人でやってる私は三脚とカメラを持ち込んで自撮りしている。

止め刺しから内臓処理、更に搬出をしなければならないのに、この写真撮りは

物凄い手間なのである。

こんなに手間が掛かるようになったのは、不正申請をして補助金ポッケナイナイした

一部の者のせい。

まぁ、私は補助金目当てじゃないから、こんな手間なら補助金は要らないかなと

思えてしまう。

人を騙したり盗んだりして手に入れた金で食う飯や飲む酒は美味いかねぇ?

汗して手に入れた金で食う飯や飲む酒は美味ぇぞ・・・っと!

「♪凧、凧、揚がれぇ~♪」が揚がり過ぎ!

今日はお孫ちゃん達と待ち合わせして、お年玉として玩具屋さんに行って

欲しいものを買ってやった。

そんでもって、正月だし、やっぱり凧揚げは欠かせないんで、家を出発する前に

買っておいた連凧スポーツカイトを持って行ってたんで葛野浜へ・・・。

沖には白波がバンバン立ってて風は爆風。

夏場だったらカイトサーフィンをしたいところだけど、この風で出来るほど

小さいサイズのカイトを持っていない。

ま、これが冬の日本海の風。

f:id:yokozukioyaji:20180102235656j:plain

で、子供らに連凧を揚げさせながらフォイルカイトをセットして飛ばしてみた。

僅か1.5㎡ほどの面積のカイトなのに、引き摺られて楽しむことが出来なかった。

クワッドラインなので、ストール気味で飛ばしてみたもんの手に負えず。

レボリューションを出そうかと思ったが、更に面積は大きいし、壊れたら困るんで

30分ほどで撤収。

そして、連凧はと言えば、さすがに子供には巻けずに我が奥方が巻こうとしたら

手から離れ、遥か彼方に飛んで行った。

箱石方面の林の中で糸巻きが引っ掛かったのか、延々と上がり続けていた。

回収しようと思ったが、ジャングルの様な中を行けるはずもなく諦めた。

さすがに夜になったら落ちてるとは思うけど、久美浜の方々には有り得ない場所で

揚がり続ける連凧を楽しんでもらえたことだろう。

ただ、ゴミをしてしまって、本当に申し訳ありません。

ただ、写真では分からないかもしれないけど、遥か遠くで上がり続ける連凧

それなりに見応えがあった。

いやぁ~、「♪凧、凧、揚がれぇ~♪」と歌ってみたら上がり過ぎた・・・。

f:id:yokozukioyaji:20180102235837j:plain

で、取り合えず、ズームで撮ってみた。

f:id:yokozukioyaji:20180102235919j:plain

大吉で良いのでしょうか?

こんな稚拙なブログを見ていただいている皆様、明けましておめでとうございます。

私の自己満足であり、私の記録のための独り言であり、少しだけ自慢したい出来事を

綴るブログを何だかんだと日に数十件も見ていただいていることに感謝申し上げます。

今年も自己満足で生きることでは有用なことであっても、仕事とか、出世とか、特に

家庭円満とは真反対の記事を書きますが、覗いていただけると幸いです。

で、朝、無事に仕事を終えて帰宅。

朝食を済ませ、家の仏壇の前で手を合わせ、信心している近くのお寺に参拝。

その後、初詣のために元伊勢神宮へ・・・。

この神社の歴史については、各自で調べて下さいまし。

由緒正しき神社でございます。

日本人は、宗教的には不節操な民族である。

いやいや、不節操と言ってはいけない

確かに、神道がどの様に日本で発生したか、仏教がどの様に神道と結び付いたか、

何故か、クリスマスをイベントとして楽しみ、何故か七面鳥じゃなくケンタッキー。

しかも、最近ではハロウィンとかで仮装をすることが流行っている。

不思議でならないが違和感はない。

この感覚こそが日本人なのかもしれない。

唯一神教の人には、日本人は理解できないかもしれない。

でも、全てを融合して楽しむのが日本人で、それは悪ではない。

それを悪としない考え方が、日本に息づいてきた八百万の神そのもの・・・かも?

で、参拝した後、御神籤を引きました。

これも恒例のことでございます。

大吉が出ましたでございます。

一緒に引いた奥方も大吉でございました。

何だか、近年、大吉が連発しているように思うのでございます。

しかも、SNSで大吉を自慢する友人達も多いのでございます。

これは、神社側が大衆受けを狙っているのではないかと思えてしまいます。

本当に、私は大吉で良いのでしょうか?

f:id:yokozukioyaji:20180101233618j:plain

本日のゲストさん

今日は昼まで掃除片づけ。

昼から親戚の子がベトナム人の青年を連れてきて、雪を見るのも初めてってんで、

神鍋高原へ・・・。

せっかくなんで、スノーシューで雪の上の歩き方を教えて遊ばせた。

物凄く喜んで楽しんでくれた。

f:id:yokozukioyaji:20171229194612j:plain

その後、帰宅してからの餅つき。

29日で福餅ってことで、我が家では29日に餅つきをする。

二重苦だからと、29日を嫌う人もいるみたいだけど・・・。

で、もちろん餅つきも初めてなんで一緒に体験させる。

とは言っても、フルオートの機械づきだけどねぇ~。

それでも、出来上がった餅を嬉しそうに美味しそうに食べてくれた。

f:id:yokozukioyaji:20171229194638j:plain

ベトナムハノイ出身で元歯科医。

日本に来て2年半で今は2つのアルバイトを掛け持ちしながら、日本に住んでいる。

日本語は堪能だけど、当然だけど理解できないこともある。

英語が出来ないらしく、私が片言の英単語を駆使しても伝えられないこともある。

いつか、ベトナムを案内してもらおう・・・。

ちょこっと8日目

(スキー:8日目)

仕事から帰って朝ご飯を食べて、年末年始の地区行事の段取りをしてスキーへ・・・。

なんせ、昨日からの新雪深雪ご親切が期待できたんで、居ても立ってもいられない。

で、今季初の林の中からの旧4線。

想像以上に雪が多くて、林の中も気持ち良く落ちる様に滑ることが出来たし、旧4線も

軽い雪で気持ち良く滑ったった!

ん~、デリッシャッス。

ま、昼までの5本だから、食い散らかしたと言うほど下品ではないが・・・。

f:id:yokozukioyaji:20171228173140j:plain

f:id:yokozukioyaji:20171228173225j:plain

んで、昼で帰って、家の掃除を開始。

奇麗な水はタンクに確保してあるが、その水で雑巾を洗うのが冷たいんで、まずは

ロケットストーブに火を入れる。

夏に、流しそうめんをした時の竹を燃やす。

て、上に煎餅の缶を置いて水を入れて温めてバケツに入れて、また水を缶に入れて

温めるのを繰り返す。

良い感じで温まったお湯で雑巾を洗い窓拭きや家の周りの拭き掃除をした。

f:id:yokozukioyaji:20171228173328j:plain

さてと、さすがに明日以降はスキーに行かせてもらえないだろうから、今日が今年の

滑り納めかも・・・。

コソっと7日目

(スキー:7日目)

午前中、仕事に出てまして、帰宅したのが1時過ぎ。

下界は雨だけど、山は雪。

結構、激しい吹き降りだった。

今日はブーツの違いを確認するために、板はゴーストじゃなくLA‐F。

昨日と同条件じゃないけど、ブーツは慣れてないこともあってLA‐Fを思い通りに

動かせなかった。

ってことは、やっぱりゴーストって、感じた以上に調子が良いかも?

で、雪の降りが激しいのと、次の用事のために3本で終了。

コソっと行った、7日目のスキー。

ん~、これを1日と数えて良いのか・・・。

f:id:yokozukioyaji:20171226194110j:plain

f:id:yokozukioyaji:20171226194148j:plain

んでもって、そのまま病院へ見舞い。

我が奥様の婆ちゃんが入院したもんでね。

ま、その婆ちゃんは来月で103歳になる超高齢者。

少し体調を崩して入院したもんの、まだまだ認知症は進んでいないし元気な婆ちゃん。

集まる家族親戚は、葬式の段取りとかをしてるけど、このまま退院して、まだ数年は

大丈夫かも???

クリスマスキー

(スキー:6日目)

お休みだったし、昨日仕掛けた罠にイノシシもシカも掛かっていなかったんでスキー。

少しだけど仕事にも行かなきゃならなかったんで、昼までの短時間だったけど、

どうしても新しい板とブーツを履いてみたくて、雨模様だったけど行っちゃった。

まず、ブーツ。

シェル硬度が高いって言われてるレクザムだし、その硬度が95なんで不安だった。

でも、足を入れて歩き出したら、物凄く前後の動きが良い。

ゲンが柔らかかったんで、硬くなったらコブが滑り難くなりそうで嫌だなぁ~と

思ってたけど、前後の動きの良さと、軽さと言いスリムさと言い、ゲンより良い。

今日はコブのあるコースはガスが強くて、ちゃんと滑られなかったけど、かなり

コブでの使い勝手が良いかも?

やっぱり、ブーツは柔らかくなくっちゃねぇ~!

で、板はリィズムのゴースト。

まぁ~、何と言うか、とにかく軽い。

ま、ビンディングも軽いってこともあるんだけど・・・。

そんでもって、昨夜の内に雪が10cmほど積もってて、さすがオクカン、これぞ

オクカンって感じで、どこもグルーミングされてなかったから、それほどスピードを

出せなかったけど、とにかく板が雪にへばりつくって感じがして、力を抜いたら

ヒュンって浮くように走ってくれて、こんなに楽しい板に出会ったのは初めて。

コブを使って軽くジャンプしてみたけど、ランディングが楽で怖さがない。

何なんだろう・・・。

同じリィズムのウルフとは違う安定感、同じフォルムのLA-Fとは違う躍動感。

ブーツも変えちゃったから、他に持ってるウルフやLA-Fはもちろん、パウダー用の

板とかを履いて、ブーツの違いを差し引かなきゃならないけど、とにかく楽しい板。

白いボディーにピンクのロゴとピンクのソール、そして私がチョイスした真っ赤の

ビンディングは、女性向けかと思うような感じがするが、オッサンの私が履いても

自慢したくなるほど。

それに、幽霊なのに存在感が凄い。

雪の上では、ピンクのソールが反射してスター・ウォーズライトセーバーみたい。

自分では見ることが出来ないが、滑ってる時にはどの様に見言えているんだろうか?

ただ、リフト上で見えるスキーのトップは何のロゴも入っていない白い板なんで、

まるで自衛隊さんのスキーみたい。

f:id:yokozukioyaji:20171225181640j:plain

f:id:yokozukioyaji:20171225181712j:plain

ほとんどのメーカーが、十数年前に開発した板をデザインとか、小物をだけを変えて、

ニューモデルとして売ってる中、リィズムだけは常に進化している・・・らしい。

ま、十数年前に開発した板やブーツを使い回しているのは、私にでも分かる。

決して、良いものを変える必要はないとは思う。

だけど、他の変化に対応すべく進化するのは必要なのである。

技術の変化、流行のスタイル、材質の進化などあるからねぇ~。

ちなみに、私はリィズムの信者でも営業担当でもない。

なので、このブログでもリィズムの板の気に入らないとこも書いてきた。

もちろん、これからも気に入らないことがあれば書く。

でも、この板は寝る時にベッドに引き入れて抱いて寝たいほどであると断言しておく。

そんなこんなの、クリスマスキーなのであった。

f:id:yokozukioyaji:20171225181735j:plain