横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

「蛍になって帰ってくる」

チョイと鹿児島まで行ってきた。

南九州の旅。

22日に但馬空港発で今日の夕方に但馬空港着。

霧島温泉と指宿温泉で泊まって温泉を堪能。

ただ、今回の旅行の目的は知覧。

そう、知覧特攻平和会館が目的だった。

奇しくも、知覧特攻記念会館に行った昨日は、沖縄戦から72年目の沖縄慰霊の日。

で、知覧は昔から行ってみたいと思ていた。

何冊か知覧特別特攻撃隊の本も買って読んだし、今でも持っている。

今は亡き、私の剣道の恩師も特攻する間際に終戦となって生き残った方だったり、

爆撃機パイロットをしていた方だったりで、つい最近までご存命だったり、

80歳くらいまでウルトラライトプレーンで飛んだりしておられた。

酒を飲んでは、当時のことを話しておられたのが懐かしい。

そして、記念館が作られたことで、全国から提供された特攻隊員の残した直筆の

遺書を、テレビやビデオや写真じゃなく、実際に自分の目で見ておきたかった。

でも、読めなかった。

時間が足らなかったのもあるけど、流れる止まらぬ涙で読むことが出来なかった。

特攻隊員の平均年齢21歳とチョットで、若い人は17歳。

その人達の直筆の遺書は、物凄く奇麗で、国と言うよりも愛する人を守るために

死ぬための晴れ晴れとした想いが伝わってきた。

もっと生きていたかったに違いない。

でも、愛する人を守るために命を捧げることは、それを上回ったのであろう。

ただ、特攻が遺書に書かれている様に、轟沈とかは出来なかったはず。

ほとんどが、敵艦隊に突撃するまでに撃ち落されたりして、思うような成果を

上げられなかったはずである。

今、世界中で自爆テロってのが頻発している。

でも、特攻と自爆テロは違う。

イスラム教を全否定するつもりはないが、日本は太古から一般人を巻き添えにしない

戦をしてきた。

それは、日本戦が絶えなかったが、日本は城を守る堀や城壁はあっても、他の国の様に

国を守る壁とかがないことを見ると分かる。。

これは、戦になっても一般人を巻き込まず戦闘員だけで決着をつけるってなスタイルを

取ってきたに他ならない。

世界の他民族は違う。

殺る以上、女性も子供も根絶やしにするってなスタイル。

ま、考え方はシンプルで、生き残りを作ったら、いつかは生き残りが勢力を持って

殺されかねないから。

ならば、根絶やしにすべしは間違っていない。

・・・が、私は嫌だ。

なぜならば、日本は戦国時代にあっても「敵に塩を送る」ってなこともあるほどで、

戦闘員と非戦闘員は分けて考えていたのである。

だから、自爆テロってのは、ここが大きく違う。

一般人を巻き込む、つまり非武装の一般人をターゲットにするのは攻撃はアカン。

あ、それと日本人のルーツは、今のイスラエルのユダ属の末裔が日本に来て

大きな力を持って今の日本人の一部になったと言われている。

これは主観なのだけど、一般人を巻き込むことを是としてテロをするイスラム教の

人達と違い、ちゃんとした倫理観を持った人達だったと思う。

でなければ、日本を日本人を説明できない。

んでもって、この記念館のもう一つの目的は、地球上で唯一残っている四式戦闘機

「疾風」を見たかった。

 この「疾風」が残っているのは、当時の敵国アメリカ様のお陰でもある。

アメリカ軍は、運良く生け捕りにした疾風を調査したらしい。

その後、アメリカ国内でスクラップにされかけていたものを、エド・マロニーって人が

救出してレストアしてくれ、実際に再び空を舞っている。

ただ、その後、何とかと言う実業家が買い取り、どう言った経緯かはしらないが、

京都の嵐山美術館に引き取られることになり、この嵐山美術館が最悪で屋外に放置。

せっかくの良い状態だったのを劣化させたらしい。

嵐山美術館、最悪ぅ~!

で、紆余曲折の結果、知覧特攻平和会館に引き取られ展示されている。

「蛍になって帰ってくる」

これは、実話を映画化した「俺は、君のためにこそ死にに行く」でも有名な一節。

ま、ここでは書かないと言うか書けない。

目を閉じる度、遺書が思い出されて涙が流れる。

このブログを覗いてる変わり者の皆様、自分で調べて下さいまし。

ちなみに、この特攻隊員の命の上に、私達の生活があることは忘れてはならない。

特攻と言う戦闘手段で得られたものはないかもしれないが、私達日本人は、このことで

生かされていることを忘れてはならない。

そして、11人もの朝鮮半島出身の若者も特攻で亡くなっている。

韓国出身か北朝鮮出身かは分からないけど、当時は朝鮮半島も日本だったからだけど、

日本人として特攻隊員として命を亡くしている。

日本は北朝鮮を国家としてみなしているから、今の韓国か北朝鮮かは分からない。

私は、今の韓国や北朝鮮は嫌いである。

何故ならば、国が歴史を正面から見ずに嘘を本当だとしているから。

今の国も人としても嫌いだけど、嫌いじゃなく好きだったり尊敬する人はいる。

それと、特攻隊員として命を落とした朝鮮人や台湾人等を思っても涙が止まらない。

このブログを覗いてしまった変わり者の皆様で、知覧に行ったことのない皆様、

どうか、機会を作って知覧に行って下さいませ。

美しき文字、美しき詩、美しき生き様・・・。 

ちなみに、優秀な日本人って、戦争で亡くちゃってるんでだよねぇ~。

頭が良くて技術があった人ほど戦死している。

なので、私は勿論だけど、生き残ってている今の日本人はポンコツなのである。

唯一の希望は、奇跡的に生き残った優秀な人の子孫か?

これ、知識人を粛正しまくった独裁国家でも言えるけど・・・。

f:id:yokozukioyaji:20170624224533j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170624224704j:plain

ふわふわぁ~

お昼前まで残業でしてね・・・。

帰宅後は銀行に行ったり用事を済ませましてね・・・。

お昼ご飯を食べ終わって、久し振りに海に行ってみましてね・・・。

朝が涼しかったし、お昼頃から日差しが強くなって気温も上がったから、

吸い込みで風が吹くかと期待して行ってみた。

久し振りに気比の浜に行ったら、若手同僚O君が熊手を持って潮干狩りをしていた。

獲れたか確認したら数個のハマグリとキンセンガニを獲っていた。

キンセンガニは汁の出汁取りにするんだとか・・・。

でも、キンセンガニって、美味しくないんでは???

ガザミやワタリガニなら、似て非なる美味なカニなんだけどねぇ~。

んで、風は何とか走れるくらいは吹いてたんで最大カイトと最大ボードをセット。

ま、走るにゃ走るが、数ターンしながら下っては歩いて帰っての繰り返し。

例えるなら、「ふわふわぁ~」の風だった。

それでも、2時間ほど遊べた。

f:id:yokozukioyaji:20170619232458j:plain

そして、夜は剣道の稽古。

今日は、チビッ子も多かったが、中学生や高校生も来てくれて、オッサンは疲れた。

でも、心地良い疲れ。

これが、他の剣友会とかに行っての稽古なら、心地良い疲れにはならない。

スキーでも、カイトサーフィンでも、何でもそうだけど、ホームは何をやっても

何があっても心地良い。

ホントは、それじゃダメで、自分自身を厳しい環境に置くことで、心身ともに

強くなるんだから、剣道なら出稽古こそが練度を上げる秘訣なのである。

でもぉ~、「自分に優しく他人にも優しく!」とか「楽こそ、物の上手なれ!」が

私のモットーなので、生き方も「ふわふわぁ~」なのである。

当たった、そして買ったった!

今日、新大阪であったスポーツデポの「スキー&スポーツフェスタ」に行ってきた。

昨日の昼から大阪に行って、夜は元モーグル・ワールドカップ3位にもなった

岩渕隆二さんらと飲んで食ってスキーの話で盛り上がってきた。

そして、飲む食うだけじゃなく、西成で仕事をしているWさんの案内で、西成の

ディープでダークなところを見てきた。

絶対に1人では行かないし、行けないようなところ。

飛田新地なんて、映画「吉原炎上」そのままだったし、その辺で酔っ払いが

ゴロゴロ寝てるし、日本であって日本でないような場所。

そりゃ、あそこに行けば麻薬も簡単に手に入ると思うわ・・・。

もちろん、見てきただけで飛田新地で遊んできたんじゃないんで悪しからず。

そして、写真はない。

あんなところで写真なんか撮った日にゃ、その場で殺されると思う。

最近は宿泊の安さから外国人の旅行者も増えてて、そのことで治安が良くなったり

街も奇麗になってるとか言うけど、どうなんかもねぇ~?

ただ、そんな環境からなのか、昔の建物があったり、遊女が逃げられない様に

作られた壁(石垣?)とかの遊郭だったころの名残があったりとか、ある意味で

歴史的な建造物が残ってる感じ。

そして、思ったのが、飛田新地の遊女だけど、皆さんとても奇麗でナイスバディ。

そしてそして、同じ様な型枠が同じなんじゃと思えるような顔。

そしてそしてそして思った。

何だか、システム化されてて、安全で、これはこれで良いんじゃなかろかと。

んでもって、岩渕隆二さんにアドバイスを貰いながらスキー選びするために

スポーツデポに行って、入店前にアンケートに答えたらガラガラをさせてもらえた。

そしたら、何とウィングヒルズ白鳥リゾートのゴンドラ・リフト1日券が当たった。

ん~、こりゃ、来シーズンは岐阜まで行くかねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170617230851j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170617231254j:plain

んで、岩渕さんに会って、昨日渡しそびれたお土産を渡してからのスキー選び。

板は、昨日の夜、ほぼほぼ決めちゃってて、岩渕さんから「もう、明日はスポーツ

デポに来なくて良いですよ。」と言われてたくらいだから、板は迷わずリイズムの

ゴーストをチョイス。

ビンディングもお勧めのマーカーのスクワイヤー11。

そして、悩みどころのブーツは超軽量のアトミックを勧められた。

悪くはなかったんだけどたけど、ゴメンナサイをしてレグザムのパワーマックス95。

足入れの良さと、疲れにくげなのと、足首の動きが良かったのと、今まで履いてきた

GENのエレメントと同じ感触がしたから。

やっぱり、日本のメーカーが良かったし、日本人の足に合ってる感じがした。

そんなこんなで、昼過ぎまでお喋りしたり他の展示物を見て撤収。

来シーズンは、白馬に行って岩渕さんと一緒に滑らなきゃねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170617231333j:plain

夕方に帰ってきて、夜は市主催の親子対象のホタル観察会のスタッフとして参加。

我が家の前の方が会場なんで、いつもの様に警備担当。

今年は、いつもの年より多いみたい。

我が家の前の方に飛んでホタルは有名で、かなり遠方からも見に来る人がいる。

いるホタルの種類は、ゲンジボタルヘイケボタル、ヒメボタルの3種。

そんなホタルも2週間ほどでいなくなり、すぐに真夏が来て、奥神鍋のシーズン券を

買って、秋も目の前になって、気が付いたら雪の季節。

ホント、時間の経つのは早いものである。

f:id:yokozukioyaji:20170617232209j:plain

初体験

昨日、スカイウェイブを修理に出してた自動車屋さんから修理完了の連絡があった。

5年近く放置してたからインジェクターの詰まりや何やらで、手に負えず修理に

出していた。

インジェクターだけじゃなく、ブレーキ、足回り、冷却水等々、全てメンテナンス

してもらった。

んで、今朝、引き取りに行ってきた。

スカイウェイブは250㏄にしては大きいから、軽トラに積めるか不安だったし、

配達してもらうのも迷惑かけるしで、自走で引き取ることにした。

自動車屋さんまで行く手段は誰かに乗せて行ってもらうこと。

ってな訳で、仕事明けで自動車屋さん方面に帰る、オッサン同僚に乗せてもらった。

ただ、バイクで出勤してたんで、後ろに乗せてもらった。

載せてもらったバイクはマジェスティ125。

50歳を遥かに過ぎたオッサンのタンデム。

そして、乗せてもらいながら思った。

ワシって、バイクの後ろに乗せてもらうの初めて!

人を後ろに乗せたことも少ないけど、乗ったのは初めてだったのである。

いやぁ~、これは初体験。

後ろも、なかなか良いものである。

もちろん、背中にピトっとくっついて、「海が見たいの」などとは言っていない。

f:id:yokozukioyaji:20170616110113j:plain

んで、自動車屋さんからスカイウェイブを受け取って走る。

ん~、やっぱり面白くない。

ポジションは、まんまアメリカン。

それでも、峠道ではついつい体を前傾にしてインに入れてコーナリングを楽しむ。

悪い癖が出ちゃうのよねぇ~。

もちろん、制限速度内でだけど。

だって、金色免許を大事にしたいからぁ~。

さてと、今日は昼から大阪に行くから、そろそろ準備しようかねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170616110144j:plain

鹿の惑星

蝶寝不足のまま、お昼まで残業して帰宅。

30分ほど昼寝をして用事を済ませてからの笹刈ぃ~!

何年かかるか分からないけど、いつか荒れ果てた山を里山に戻して、シカやイノシシを

遠ざけて、近所の子供らに里山での遊びを経験させていやりたい。

・・・ってな大志はないっ!

子供の頃、クワガタやカブトムシを捕ったり、ササユリの咲く里山を蘇らせて、

私が遊びたいのである。

んで、軽トラに草刈り機とレーキを積んで向かう途中、真っ昼間から目の前に

シカが飛び出してきた。

憶することもなく、堂々と軽トラの前を軽く近くの走り田んぼの中へ・・・。

我が家の田んぼじゃないけどね。

そして、威嚇しても逃げずに、堂々と稲を食い続けた。

ちゃんと囲いもしてあるのに、いとも簡単に飛び越えて入っての爆食い。

残念だけど、この田んぼは米が採れないかも?

これが、野生動物の食害にやられている日本の農業の現実。

いつか、映画「猿の惑星」じゃないけど、「鹿の惑星」になる日も遠くないかも?

命の尊さも、命を奪うことの辛さも、命を美味しく頂くことのことの有難さも、

命を守ることを知らず、偏った思いを叫ぶだけのエセ動物保護団体の皆さぁ~ん、

一緒にシカやイノシシを捕って美味しく食べませんかぁ~?

もちろん、自分で殺して肉にしてね。

そして、その肉の横には、新鮮な野菜を添えて。

もし、それが嫌なら、飢え死にして下さいませ。

哺乳類も魚類も昆虫も植物も命。

それらを食わねば、全ての生き物は生きられない。

だから、自分の偏った考えで叫ぶだけの皆さんは、ご自身のルールで言えば、ご自身が

生きてるだけで罪なのです。

f:id:yokozukioyaji:20170615212146j:plain

んで、今日の笹刈りした面積は50㎡ほど。

そう、たったの50㎡ほど。

クマザサの背丈が高くて、今まで近づくことも出来なかったボタンキョウの木を

救出できた。

これで、今年は収穫できるな。

f:id:yokozukioyaji:20170615212241j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170615212314j:plain

長ぁ~い一日

今日は仕事明けからの剣道大会の審判。

市が主催の親善少年武道大会での審判なので、小中学生が対象なのね。

で、今日は、小学5年生と6年生と中学1・2年生のコートが受け持ちだった。

いつものことだけど、体力よりも精神的に疲れるのよね、審判って。

気疲れで体重も減るはずなのに、減ってないのは何でかね?

ま、これが我が身体のポテンシャル。

環境の変化やストレスに強いと言えば優れていると言えよう。

でも、普通に考えたら、それほど気を遣ってなくて体力も使ってない・・・。

ま、ダメなオッサンなのですわ。

f:id:yokozukioyaji:20170611231010j:plain

大会が終わったのは夕方。

帰宅して晩御飯を食べて、夕張を待ち地区内の川で魚捕り。

残念ながら、ロブスター並みのザリガニは捕れなかったけど、普通サイズのザリガニと

シマドジョウ、カワモツ、タカハヤ、カワヨシノボリを捕って水槽に投入。

これから更に気温が上がるのに、ちょっと過密になり過ぎたかも???

はぁ~、そんあこなんで長い一日だったんですわ・・・。

 

ニューコレクション

今日はお休みで、遅めの起床。

朝ご飯を抜いた昼ご飯を作った。

晩御飯の一品をイノシシのカツにしたんで、その肉を取った時に出た端肉を焼き飯の

具にしてみた。

美味かった!

f:id:yokozukioyaji:20170608234908j:plainんで、晩御飯はイノシシのカツ。

ん~美味ぇ~!

実は、この肉は、去年の秋に採ったイノシシで、罠が掛かってた後ろ足の腿。

イノシシにしてもシカにしても、罠の掛かってた足は内出血を起こしてるから

人にあげることも出来ないから自家消費用と保存してたんだけど、健康な足と

同じくらい美味かった。

f:id:yokozukioyaji:20170608235135j:plain

そして、夜の帳を待ち、ウェーダーを履き網とバケツを持ち川へ・・・。

ドジョウ、ヌマエビ、小魚を捕りながらも、ターゲットのスジエビを探す。

んで、残念ながらスジエビは捕れなかった。

時期が悪いのかねぇ~?

でも、思いがけないヤツを捕まえた。

この辺で言うズガニのメス。

正式名称はモクズガニ

f:id:yokozukioyaji:20170608235239j:plainこのカニは、汽水域とか海で産卵して、幼生はその場で成長して川を上る。

捕まえたカニの甲の全長(横)は4㎝ほど。

なので、私には、いつ生まれて、どの様に成長してきたかは分からない。

そんなことはさて置き、水槽のコレクションが増えたことは間違いない。

蛍の飛ばぬ夜

今朝、仕事から帰って用事を済ませて、帰宅途中に地区公民館前を通った時に

何やら人だかり。

そう言えば、公民館事業の川の生き物調査がある日で小学生と保護者とスタッフが

集まっていた。

んで、講師のH先生が見えたんで立ち寄ってご挨拶。

そしたら、公民館のスタッフが「来て下さって有り難うございますぅ~!」と・・・。

いや、今日はお孫ちゃん達が来てるし、スタッフじゃないんだけどと思いつつ、

いつの間にかスタッフとして参加してしまった。

私は、去年からいなくなったシジミを専門に狙う。

ま、外来種の台湾シジミだけど。

去年は、何度か探しまくったけど、全く見つからなかった。

絶滅したのかと思ったし、外来種を駆除するヒントがあるんじゃないかと、それなりに

考えたりはしたけど、バカなので答えは見つからなかった。

で、そのシジミが、僅かだけど見つかった。

しかも、本流から外れた我が家のたんぼの水を落としてる側溝を探ると沢山いた。

そうやって、一緒に川の生き物を捕ったり、捕れなかったけど知っておいてほしい

スジエビなんかは、我が秘密基地の水槽から持ち出して紹介してもらったりした。

いつの間にか、完全にスタッフ。

f:id:yokozukioyaji:20170603232158j:plain

解散後は、お孫ちゃん達の守りで、桑の実やサクランボを採って食べさせたり、

自分で爆食いしたり、魚やエビを捕ったりして夕方まで遊んだ。

夜、昼間の川遊びの続きをと思い、またまたウェーダーを履いて懐中電灯を持って

夜の川へ出撃。

ターゲットは、エビ水槽の中に、もう少し増やしたいスジエビ

で、結果は、スジエビを捕れなかった。

減っちゃったのかねぇ~?

前は、夜に懐中電灯で照らせば、目が光って見つかったのに・・・。

んでもって、見付けたくないヤツを見つけて捕った。

ちょっと前までいなかったアメリカザリガニ

しかも、狭い範囲でビッグなヤツを2匹。

こないだアメリカザリガニの死骸の欠片の爪を見つけてたんで、いるとは思ってた。

ん~、こうなったら、夜な夜なザリガニ捕りをして食ってやろうかしらん?

f:id:yokozukioyaji:20170603232239j:plain

そして、思ったのが、蛍が飛んでいるはずの時間に飛んでいない・・・。

ってか、数日前には、見える範囲で数十匹は飛んでた蛍がいない。

いつもの観察場所で確認するものの、木か草に止まって弱々しく光る2匹だけ。

蛍の飛ばぬ夜。

昼間も夜も川に人が入ったけど、蛍の生息範囲で言えば極一部。

月夜で明るい夜だったけど、関係なさそう。

何故じゃ・・・?

プチ・ツーリング~

今日のランチは、自炊の鹿肉焼き飯。

まず、冷凍の鹿肉を半解凍して5㎜厚くらいに切って、更にそれを細かくした。

それをボイルして灰汁を取って水洗い。

後は、通常の焼き飯の具として放り込むだけ。

味付けは塩コショウで、仕上げに少し醤油を振って香り付け。

美味かったよぉ~!

f:id:yokozukioyaji:20170601195639j:plain

で、今日は草刈りをする気にならず、KLX250で竹野から城崎までの海岸線を流して、

来日岳まで上がってみた。

こないだカイトでクラッシュした時に肋骨を痛めてて、凸凹のところは腹に力を入れて

腹圧を上げて胸郭を固定しないと脇腹が痛む。

気を抜いてると、お腹がプヨンとなると、その衝撃波が肋骨に伝わって痛いのよ。

マンホールを通過するだけで脇腹が痛むから、間違いなく肋骨にヒビが入っている。

最近、これくらいの痛みなら病院にも行かないけど、過去の経験で間違いない。

んで、来日の山頂近くで、前から車が来たんで減速して進路を譲ろうとした時、

湿った落ち葉が積もってたもんだから前輪が滑って転倒。

転倒と言っても、またまた足が届かず土手にドテっともたれるように転倒。

カッコ悪ぃ~!

そんなこんなで2時間ほどのプチツーリングを終えて帰宅。

f:id:yokozukioyaji:20170601195726j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170601195751j:plain

エビ水槽の掃除をして、熟女Z様でホームセンターへ買い物。

熟女Z様にオープンスタイルで乗れるのは今の内だけ。

梅雨も近いし、梅雨が明けたら暑くてオープンで乗るのは辛い。

ホームセンターで買ってきた材料で狩猟用の罠作りの続き。

キリの良いところまで作業してワンコの散歩。

家の近くに黄色鮮やかに奇麗に咲く花があった。

迷わず引っこ抜いて道端に置く。

可哀想だし、花に責任はないが仕方ない。

この花は特定外来生物に指定されているオオキンケイギク

幸い、我が家の近くでは少ないが、見つけ次第に引っこ抜いて駆除しなきゃなんない。

なんせ、繁殖力が強くて在来種が消失していまう。

皆さぁ~ん、見つけ次第に、特に種が出来るまでに駆除しましょうねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170601201627j:plain

そして、夜は鹿肉のステーキを作ってみた。

1㎝くらいの厚さに切ってボイルして灰汁取り。

それをフライパンで焼いて、ローストビーフステーキソースを掛けて、練りワサビを

薬味にして食べた。

美味かったっ!

あと5か月もすると、狩猟シーズンに入るから、保存中のシカやイノシシの肉を食う

ペースを上げないとなんないのである。

 

挑戦の日

今日は午後から雨予報だったんで、こないだから済ませておきたかった野外活動。

こないだまで飼ってたドンコが死んじゃったんで、代わりのを捕りに川に

ウェーダーを履いて網を持って入る。

ついでに、今度の日曜日に地区の草刈りとゴミ拾いがあるんで、川に落ちてる

空き缶やペットボトルなんかのゴミを拾って土手に置いておいた。

情けないことに、農業用のゴミを捨てる輩が多い。

そして、悲しいことに、常習的に運転しながら発泡酒を飲んでるヤツがいるみたいで

同じ缶が捨て続けられている。

それらを、拾っては土手に投げを繰り返す。

ゴミを捨てるやつに挑戦してやる。

んで、その後、午前中に草刈り機を持って出動。

「目標は前方クマザサ、武器は手に持つエンジン草刈り機、一斉草刈りぃ~!」

ってな意気込みで刈る、刈る、刈る。

刈っても刈っても先が見えずに燃料切れ&気力切れ。

笹を刈ってると、生々しいシカの糞が落ちてるし獣臭い。

まぁ、これだけ放置して草だらけ笹だらけにしてたら、最高のシカの住処になってる。

シカを飼っているようなものである。

まずは、笹や草を刈って、人が手を加えた里山にして、シカが避けるような環境を

作らなければならない。

とは言っても、頑張って刈った面積は50㎡くらいかなぁ~?

ま、これもシカへの挑戦である。

f:id:yokozukioyaji:20170531233130j:plain

汗でグッショグショになったんで、帰宅してシャワー。

昼前だったし、氷ノ山への行き帰りで気になってたラーメン屋さんがあるんで、

ラーメンを食べることにして出発。

そのラーメン屋さんは、以前は養父に店があって、店の佇まいが怪しすぎて、入るのに

勇気がいりそうだったし、中古自動車屋さんになってたりして入ったことがなかった

「天下無敵」と言うラーメン屋さん。

いつ頃からかは知らないが八鹿に出店されてたし、お客さんが多かったんで勇気を

持たずして入店。

事前に情報を仕入れてたから、迷わず中華そばの大を注文。

品書きにも書いてあったけど濃い目の醤油味の太麺。

店主から「濃い目のままで良いですか?」と聞かれたけど、勿論それで・・・。

味の濃さも希望に応えてくれるみたいだし、細麺でも頼めるらしい。

で、食べた感じ。

まず、スープは濃い目と言うだけあってガツンと来た。

そして、麺は太いだけじゃなく、しっかりと練られているのかグルテンが効いてて、

よくある粉っぽさが気になることもなく、噛み応えがある麺。

とにかく、スープと麺が挑戦してくる。

なので、それに挑戦するのである。

チャーシューも美味かったし、刻みチャーシューもアクセントになってるし、

普通であろうシナチクが甘く感じる。

汗をかいて疲れて腹を空かせた者にとっては嬉しい一品。

食べ過ぎ飲み過ぎで疲れた胃を癒すには不向きな一品。

ガツンと食いたい時に最高なラーメンであることは間違いない。

ちなみに、姉妹店が豊岡の中央町にオープンするって情報も仕入れてたんだけど、

今日がオーオプンだったらしい。

姉妹店の名は「繋千華(SENKA)」と言うらしい。

機会を見つけて行きたいとは思うけど、こっちのお店は女性向らしい。

それと、立地的にスナックで飲んだ人をターゲットにした感じかも?

こっちも挑戦してみなければ・・・。

f:id:yokozukioyaji:20170531233241j:plain

んで、その後も、来るべく秋の狩猟シーズンに向けての罠作り。

100円ショップで買った落し蓋を使っての、スプリングを作動させるトリガー作り。

狩猟に関心がない人には分かんねぇ~だろうなぁ~。

うん、分かるはずがない。

それでも写真は載せておく。

自分の記憶の記録なのでね。

これも、シカへの挑戦。

f:id:yokozukioyaji:20170601101153j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170601101222j:plain

そんでもって、夕方に神鍋に行く。

目的はノルディックウォーク

剣道の稽古がない日とか運動不足の日には、自宅出発でノルディックウォークする。

でも、今日は豊岡市はチャレンジーでってことで、こんなイベントが開催される。

www.city.toyooka.lg.jp

んな訳で、せっかくなら神鍋でも歩こうかと思った。

ま、車で行けば15分も掛からないのでね。

約1時間、神鍋を歩き回った。

で、気になったのは白い蝶。

あちこちで凄い数が乱舞していた。

歩いてる途中、木に止まっているのを見つけたんで激写。

蝶ってより、蛾じゃないんかね?

調べてみると、キアシドクガと言う蛾だった。

晩御飯を食べる時、家の裏でも飛んでいた。

今まで、この蛾を意識したことがないんけど、今までも発生してたんかねぇ~?

f:id:yokozukioyaji:20170601101357j:plain

あ、それと、道の駅にATMが作られていた。

まだ、建設中。

神鍋方面はATMがなくて不便だったんだよねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170601101706j:plain

んでもって、夜はホタルを見に出てみた。

まだ早いのか、今年がこれだけなのは分からないが、見える範囲で数十匹。

今年のホタルは如何に???