読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

僅かの時間でも、やっぱりスキー!

スキー

(スキー28日目)

仕事から帰ってこれたのが昼過ぎで、家を出たのが午後1時。

はい、もちろん、そんな僅かな時間でもスキーをしようと思いましてね・・・。

道にも雪がないから、15分でスキー場に到着。

今にも雨が降りそうな天気だし、雪もかなり減ってたけど、意外と人が多かった。

しかも、若い人、大学生っぽい「スキーを始めましたっ!」ってな感じの団体さんが多かった。

まぁ、とにかく良い事だと思う。

日本は、世界的に見ても雪とスキー場に恵まれた国。

ウィンタースポーツを楽しまないのは勿体ないのである。

なので、そんな人達のために、とにかく速いスピードでカッコ良く滑る。

いや、滑ったつもりで滑られてないかもしれない・・・。

だって、「スゲェ~!」とか「素敵♡」って思ってもらえたら、もっとスキーが好きに

なってくれるだろうし、更に友を呼んで盛り上げてくれるかもしれない。

だから、圧倒的な滑りを見せ付けるのである。

いや、見せ付けたつもりと言う方が良いか?

とにかく、冬の遊びが盛り上がってほしいのである。

でも、まさか、目の前を爆走するスキーヤーが、こんなオッサンだとは思わなかったはず。

いやぁ~、ゲレンデマジックって素晴らしいわっ!

201638

で、1時間ほど下のコースだけ滑って撤収。

帰宅途上、指令の晩御飯の買い物、軽トラへの燃料補給してから帰宅。

帰宅後は、お孫ちゃんを迎えに行き、家の裏でフキノトウ採り。

今年は、暖かいこともあって、既に薹が立ってるのが多くて、食べられるのが少なかった。

フキノトウ採りのついでに、少しだけ山の中を歩いてみると、まぁ~見事にタケノコが

食べられていた。

そう、イノシシが土の中にあるタケノコを掘って食べまくっている。

我が家の山では、今年もタケノコが不作だな・・・。

今年の猟期も終わりが近いし、消費が追い付かないから去年の12月の初めで

捕るのを止めたけど、来年度の狩猟期までに、何とか消費してくれる人を増やして

多くのイノシシやシカを捕らなきゃなんない。

精肉にして売れるんなら良いんだけどねぇ~。

お願いです、誰かイノシシやシカを丸ごと買って下さい。

内臓処理と血抜きと冷却はしときます。

美味しく食べてやって下さいまし。

そうじゃないと、命はうかばれませんし、ただの殺しはしたくありません。

害獣と呼び、ただ殺すだけじゃダメなんです。

狩猟をするためには、狩猟税、狩猟保険、猟友会会費、罠のための材料費など、

かなりの費用が発生します。

消費と売り上げがないと、必要経費を賄うことが出来ません。

趣味で「殺し」は出来ないんです。

イノシシやシカの肉に興味がある方は、ご連絡をお待ちしております!