読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

良い子はマネしないでねっ!

仕事から帰って葛野浜のライブカメラを見ると、Kさんの車が・・・。

風は期待できないけど暇なんで葛野浜へ。

到着して、Kさんと風談義、そして海水浴シーズンや湾内でのカイトポイントを案内。

湾内のポイントを案内した時、外海よりも吹いていた。

「ここで乗りましょうよぉ~!」と言われ、カイトを水上で上げて回収するしかない

ポイントで乗ることに・・・。

風が弱くて、満足に乗れないことは分かってたけど、1人で水上で上げて回収する

方法をレクチャーするために入水。

カイトをセットして、デパワーラインだけをバーに巻き付けてパワーを殺せるように

してから、残りのラインを巻きつけてカイトとボードを持って入水。

カイトを伏せて水面に置いてからセールを押して水を乗せる。

そうしたら、カイトの流れる速度が落ちる。

そのまま風で流してラインを送り出して、通常のリランチの要領で上げるだけ。

そして、回収は上げる時と同じ要領で、デパワーラインだけをバーに巻き切ってから

他のラインを巻いてカイトのキャッチ。

んで、センターのバテンだけ残して空気を抜いて、大雑把にカイトを畳んで上陸。

ま、前述以外にも、色んなコツがある。

そんなことを伝えながらアシストしてから、私も少し乗ってみた。

けど、やっぱり風は弱く、すぐに撤収。

で、この浜とかの通常のカイトゲレンじゃない場所での、水の中に入ってからの

カイトの上げ下ろしは、ホントは1人でやっちゃダメだと思う。

私の場合は、スクールもないし独学我流でするしかなかったんで、色々と工夫して

考えた方法なんで、正しくないかもしれないし危険な方法であることは間違いない。

ただ、初心者の頃とか波嫌いな人には魅力的なゲレンデ。

どうしても、試してみたい人はご一報下さいませ。

田んぼや畑や農道や駐車場所やら、色々と気を遣わなきゃなんないこともある。

ちなみに、海上でカイトをアンカーにセットして、ラインの操作だけでリリースする

装置も作ってある。

Kさんに見せて説明すると感動してくれた。

ただ、回収方法はカイトを流す方法と同じなので、実際のところ使ってない。

ま、とにかく、良い子はマネしちゃダメって方法なのである。

f:id:yokozukioyaji:20170514225025j:plain

んで、帰宅後に5年ほど放置していたバイクのスカイウェブを引っ張り出した。

このバイク、250㏄のくせして軽自動車かと思えるほどデカい。

だから、取り回しが悪く乗る気になれず税金だけ払って放置していた。

奥様の小言で、とりあえず建物奥から引っ張り出して秘密基地に移動。

まずは、完全に干上がってるをバッテリー充電中。

ま、ダメだと思うんで、バッテリーを買って自賠責を掛けて通勤に使う予定。

もちろん、雨とか雪とが予想される時は、今の様にジャイロキャノピー

f:id:yokozukioyaji:20170514225050j:plain