読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

狩猟、スキー、少々仕事、そしてシカ。

(スキー:6日目)

今朝、仕事から帰ってきたのが10時頃。

昨日の朝、出勤前に仕掛けてた罠を見に行くと、シカの雄が掛かっていた。

罠を踏むように朽ち木や枯れた竹をレイアウトしたから、狙ったとおりなんだけど、

いつもの様に複雑な気分。

こんな人家の近くに出てこずに、山奥で暮らしてれば捕らえられなかったのに・・・。

とは言え、くくり罠に掛かった以上は捕殺一択。

立派な角を避けて、鍬用の樫の柄を加工した自作の長い木刀で後頚部を打つ。

頸動脈を切り放血。

死を待ち、内臓を処理して、一輪車に乗せて持ち帰る。

体重を量る術もないんで何キロあったかは分からないが、80㎏はあったと思う。

前に捕ったシカは牛かと思うほど大きくて、近所の人に頼んで3人がかりで

運んだけど、そこまで大きくなくて1人で何とか出来た。

ま、それでも苦労したけどね。

んで、自宅裏で山からの流水に浸けて冷却。

f:id:yokozukioyaji:20161229234546j:plain

何だかんだで2時間ほど掛かって、終わったのは12時過ぎだったかなぁ~。

はい、それからスキーに行きました。

シカが捕れてなかったら、仕事から帰ってすぐに行こうと思ってたんだけど、

さすがにシカが捕れちゃったんで仕方ない。

でも、年末の今日、人が多いから午後からの方が空いてるんじゃないかとの期待と

コースが荒れてることの期待もあった。

着いたら、思った以上に雪が少なく、草とか土とかが出まくりのコースを滑る

人達が多かった。

確かに、人工雪コースは初心者には厳しいとは思うけど、自分が板だったらと思うと

辛かった・・・。

んで、人工雪コースはってぇ~と、人もそこそこ多く、期待してたほど荒れてなくて

残念な状態。

あ、普通の人には残念じゃなかったと思います、私が異常なだけなだけ。

そして、あちこちで見かけた異様な風景。

いや、異様と思うのは私が異常者だからと思います。

皆さん、一生懸命に自分の足元を見てプルークボーゲンをされてました。

「周りの状況が見えなくて危ないんでないの?」と思うのは、私が異常?

上手くなると、足元見ずに出来るとは思います。

でも、それって何のための技術なんでかってのは言いません。

私みたい者は言う資格もないから。

まぁ、私が自他共に認める異常者なんでしょうかねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20161229234655j:plain

f:id:yokozukioyaji:20161229234721j:plain

そんなこんなで1時間ほどで撤収。

その後、15分ほどサービス仕事をして帰宅。

明日、ゆっくりとシカさんを解体しようと思ってたけど、お孫ちゃん達が

朝から来るってんで、血生臭い姿を見せられないんで、シカさんを解体。

こないだ作った解体用台も、少しの加工が必要と感じたけど使い勝手が良かったし、

経験と道具の工夫と品揃えってのもあって、早く上手に肉にすることが出来た。

肉を外した骨は、そのまま処分しても良いほど肉を残さなくなった。

特に、ロースとヒレは完璧なまでに奇麗に取れた。

さて、年末年始は、自己責任で地球上最高に美味い肉を食いますかっ!

f:id:yokozukioyaji:20161229234740j:plain