読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

合掌・・・

今日の午後3時頃、ウサギが他界した。

残念ながら、私は仕事のために死に目には立ち会えなかった。

と言うか、家族の誰も死ぬ瞬間は見ていない。

今朝から全身で呼吸して元気がなく、食欲もなかったらしい。

このウサギは、下の子が小学生の時に学校から貰った。

手に乗せられるくらい小さい女の子。

ラビットの一部を取って「ラビ」と名付けた。

物凄く安易な名前である。

私が現場監督をしながら、子どもにウサギ小屋を作らせた。

小さな小さな、ハムスターかと思うくらいのウサギに大きな小屋。

どこにいるのか分からないほどで、運動会をしているのかと

思うくらい走り回っていた。

その小屋もいつしか大き過ぎると言うほどでもなくなった。

我が家に来てから10年。

今日、その命を終わらせた。

平均年齢が7年と言われるウサギとしては長寿だった。

命が消えて寂しくて悲しい。

こうやっていても涙が出る。

でも、悲壮感はない。

生きとし生けるもの、いつかは終焉が訪れる。

夕方、裏山の我が家の墓地の横に埋めてやった。

食べかけのニンジンとドライフードも一緒に入れてやった。

何か花でも咲いていないかと見回してみたが、まだ何も

咲いていなかった。

ただ、フキノトウが大きくなって花を咲かせていたんで、

線香と一緒にそれを供えてやった。

フキノトウが出る度に思い出すだろう。

近寄ると、いつも頭を撫でてくれと寄ってきた。

小屋から出してやると庭を走り回っていた。

ワンコに抱きつかれ舐められても、じっと我慢していた。

近所の子どもらの遊び相手だった。

主のいなくなった小屋が夜の帳の中で寂しげだ。

写真は10日前の在りし日の姿。

合掌・・・。

20083131

20083132