読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

ジムニー逝った、押したった!

スキー 二輪車・三輪車・四輪車

(スキー20日目)

少し残業して帰宅は11時。

今日は日曜日だけど、家には誰もいないし用事もない。

んな訳で、スキーへGO!

自宅から神鍋までのショートカット林道を走行中に、スキー専用車であるジムニー

エンジン不調を感じる。

ま、半月ほど前から異常を感じてて、近々ある車検の時に直そうと思い、騙しだまし

使ってたんだけど、異音とパワー不足が強くなった。

何とか、奥神鍋の駐車場前まで到着したけど、日曜日とあって駐車券の発行のために

シーズン券の確認のために停車。

アクセルを踏んだものの、残念ながらエンスト。

そして、再始動せず・・・。

爽やかな笑顔で駐車場係りのオッちゃん数人を集めて車を押してもらい駐車場に入れた。

ま、車は後で何とかするってことで、準備を整えゲレンデへGO!

山頂リフトの乗り場で友人K様らと合流して一緒に滑る。

降雪とガスと悪雪で、面白いと言えるほどではなかったが、特に今年は残り少ない

スキーシーズンになりそうなので、それなりに楽しんだ。

20162211

んで、K様らと3時過ぎに撤収して、K様の車で私のジムニーに電気をジャンプ。

何とかエンジンはかかったものの、ガラガラ異音と白煙モウモウ。

エンジンは致命的なダメージを負ってる感じで、エンジン積み替えが脳裏をよぎる。

こうなりゃ、家まで帰るしかねぇと思い出発。

何とか一番の関所である峠の登りをクリアーしたもんの、その後はエンジンがストール。

惰性で車庫まで500mってとこまで帰ってきたもんの、100mほどの間が僅かの

登りで停止。

はい、もちろん、そんなところで諦めたりしません、我がガレージに帰るまでは!

ってな訳で、押しまたよ、1人でジムニーを。

さすがに軽自動車、1人でも登りを押し切って、その後は無事にガレージまで惰性で

走り切って到着。

皆さん、見たことありますか?

自動車を1人で押して家まで戻るオッサンを・・・。

今ほど車の性能が高くなかった頃は、そんなオッサンが多かったんです。

さて、このジムニー、エンジンが健康な部品取り車か中古エンジンを探すか、

エンジン修理をするかリビルドエンジンに積み替えるか・・・。

そこそこの出費になるなら、別のジムニーを買うか・・・。

それとも、格納してるランクル62を復活させるか・・・。

でも、やっぱりスキーにはジムニーが良いしなぁ~。

誰か、不要なジムニーはありませんか?

20162212