読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

生きることを諦めた夜

家族

一昨日から我が家のニャンコさんの体調が悪くなった。

それまでは元気だったのに。

そして、尿に血液が混じると言うより、尿道から出血したんで、今日の夕方に

病院に連れて行った。

尿路結石からの尿閉かもしれないと言うことで導尿。

しかし、尿は出ずに引けるのは血液だけ。

そして、触診で膀胱の異様な硬さが発見された。

素人の私でも分かるほど。

残念だが、膀胱に大きな腫瘍が出来ているようで、そこからの出血。

症状が早ければ、鳥取大学農学部付属の動物医療センターでなら手術可能かも

しれないと言われたが、腫瘍の大きさ的にも、体力的にも無理。

もし、発見が早く可能であっても、手術までしたかは分からない。

かなりの費用が必要だろうから・・・。

今、出来ることは、最期の時まで一緒にいてやること。

明日の朝には冷たくなっているか、明後日の朝になっても息をしているかは、

誰にも分からない。

一昨年の11月、寒い夜に魚釣りにっていた愚息が、箱に入れられて捨てられていた

子猫を拾ってきた。

掌に乗る小さな子猫。

拾った日は月が奇麗な夜だったことから、「ムーン」と名付けた。

「ムーン」は呼び難かったから、いつのまにか「ムー」になってしまった・・・。

アッと言う間に大きくなり太々しくなってしまったが、抱っこしたら喉を鳴らしながら

肉球をチュッチュチュッチュと吸う癖は治らなかった。

十分な母の温もりを知らずに捨てられたからか、僅かなその温もりを思い出すかの様。

ニャンコが私を見る瞳は生きることを諦めている。

残り僅かの時間だが、一緒にいよう。

f:id:yokozukioyaji:20170315210216j:plain