読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

愛人・熟女Z様、ちょっと壊れる。

昼前、梅雨空とは言え、嫌な蒸し暑さもなく、空気が気持ち良かった。

ってな訳、愛人・熟女Z様とクルーズ。

あ、勘違いされたら困るんで、ちゃんと書いておくけど、私が乗ってる車のことなのね。

平成3年式と、既に24歳と年老いた、32のフェアレディZ

君が妄想欲情しているフェラレディではないのである。

ただ、この車をいつまで乗るかねぇ~?

いつかはナンバーを取り直して乗ろうと思って、コンテナの中に入れてるランクル

FJ62がある。

これは、既に30年近く経ってるけど、保管状態も良く、これだけ状態の良いランクル62は、

日本国内でも少なかろう。

だって、ガソリン4000㏄で燃費が5~6㎞と悪く、幼い子供らの子育てに追われてた頃で、

乗ってられなかったから、走行距離も6万キロ台。

んで、肝心なフェアレディだけど、強い日差しもなく空気が気持ち良かったんで、

屋根を全開にして、オーディオも切ってエンジン音と排気音、そして地球の音を楽しむ。

神鍋高原の峠道でスペック値280馬力を爆発させる…つもりになる。

ま、実際は良いとこ28馬力くらいしか使ってないかも?

それにしも、24年前の車とは思えないほどの走行性能とパワー。

馬力の自主規制がなかったら、もっと凄いんだろうと思う。

走行中にアクセルを踏み込むと、猛烈な加速を見せてくれる。

峠道では、4WSが効いて高いコーナリング性能を見せてくれる。

ただ、4WSのためドリフトは出来ない。

いや、出来るのかもしれないが、私には恐ろしくて出来ないのである。

この車が開発されたのは、かのバブル期。

当時の日産が、莫大な開発費をかけて作ったんだと思う。

アルミ製の低いボンネットの中に、V6・24バルブDOHCツインターボインタークーラー

収められ、サスペンション4WSは電子制御式のSuper HICAS

整備性は全く無視されている。

室内は、ドアポケットもドリンクホルダーもない。

走るだけに特化されたような車。

あ、そうそう、こkのヘッドライトはプロジェクターで、数年で暗くて使い物にならなくなるけど、

デザインは秀逸でランボルギーニディアブロに採用されている。

そんなフェアレディで神鍋高原を走り回る。

そして、夕方から降ると思ってた雨が降り出して、まさかのワイパー。

はい、すぐに屋根を付けましたよ。

小雨の中、屋根を付けてる姿は物凄くカッコ悪かった。

で、悲劇が起きた。

な、な、なんと、シートベルトが引き込まれなくなってしまった。

こないだから調子が悪いなとは思っていたが、ついに壊れてしまった。

また、都合が悪いことに、この車のシートベルトはドアに付いているのである。

だから、ドアを開け閉めするためにシートベルトが落ちる。

また、オークションで部品を探して直すとするか…。

20156111

20156112

20156113