読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

快風→怪風→脅威風

海遊び

今日は遅めから北東の風が吹くと読んで昼から気比の浜へ・・・。

そして、待てど暮らせど風吹かず。

ゴミ拾いをしながら風を待つ。

午後3時を過ぎて、船も戻ってきだして、ようやく吹きそうな感じがしたんでカイトをセット。

期待ほど風が吹きそうになかったんで最大サイズの12㎡とドデカボード。

スタートしたら、ジャストな風で気持ち良いぃ~!

ガンガンにアップもとれるし、久々に味わう気比の浜の快風。

波打ち際に近寄って波で遊んでる時に振り下ろしたカイトで、興味津々に近付いてきた

外国人観光客のアベックさんを脅かせてしまった。

海の上から「ソォ~リィ~!」と言って手を上げたら、笑顔で手を振り返してくれた。

危険性はなかったけど、驚かせちゃってゴメンねぇ~!

そうこうしている内に、快風が怪風の予感。

カイトのサイズを変えなきゃ、オーバーで危険かもと思って上陸してランディング。

それと同時に爆風に。

上陸するのが2~3分遅かったら、制御不能で恐ろしいことになっていたかもしれない。

そして、強くなった風は、カイトサイズを落としたところで、手に負えそうもないような風。

んで、とりあえずカイトを大雑把に畳んで軽トラに放り込み、すぐに近くでキャンプしている

神戸ナンバーの30代って感じのご夫婦のところに駆け寄り、手伝うんでタープをはじめ、

全てを片付けた方が良いと話をした。

爆風で引き抜かれたタープやテントのペグは小型ミサイルみたいなもんで超危険。

そんな時、1台の車が止まって、中から坊主頭でチョビ髭を生やした眼光鋭い、

関わってはいけない感じのオッサンが近寄ってきた。

血の匂いを嗅ぎつけて集まってくるサメの様に、金の匂いを嗅ぎつけて寄ってくる、

ややこしそうなオッサン。

つまり、反社会的なオッサンそのもの。

優しそうで気の弱そうなご夫婦だし、揉めたら体を張らにゃしゃ~ないなぁ~と思ってたら、

「手伝うで、片付けた方がエエでぇ~!」と優しいお言葉。

そのご夫婦のキャンプ道具は、私のスタイルと違って、豪華絢爛なもの。

段ボール製の簡易燻製セットもあった。

とりあえず、その厳ついオッサンとご夫婦と私の4人で片づけて、炊事棟に運んで、

そこで荷物を整理して車に積み込むlことにした。

私は、片付けが一段落したところで、自分のカイト道具の片付けもあるんで離れたけど、

厳ついオッサンは最後の最後まで片付けを手伝い、クラクションを鳴らして帰って行った。

私も洗い物をするために炊事棟に寄り、ご夫婦と挨拶を交わし別れを告げた。

帰り際に「風よりも、関わったらアカン様なオッサンの方が怖かったでしょ?」と言ったら、

笑いながら「優しかったです!」と言っていた。

これに懲りず、また気比の浜にキャンプにいらして下さいませ。

そして、厳ついオッサン、グッジョブ!

あんな地元の人がいるからこそ、大きな事故が防がれているのかもしれない。

いや、ホント、4人で片付けられて良かった。

どんどん強くなる風で、ご夫婦と私だけでは心細かったから。

20161020