読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

カニさんカニさん、どこ行った?

暑さ寒さも彼岸まで・・・。

とは、よく言ったもので、ホントに朝夕は涼しくなって、

日中も心地良い季節になった。

でも、あと2ヶ月もすると雪の便りが来るのである。

しか~し、子供並みに雪遊びの好きな私は、雪の降るのが

待ち遠しい・・・。

彼岸になると、不思議と申し合わせたように、あっちこっちが

彼岸花で真っ赤に染まる。

「そろそろ咲こうかいな!」と連絡を取り合ってるんでも

ないんだろうに、一斉に咲くから不思議。

気温や日照時間など、少しの変化が自然の生物を

生かしているんだと思うだけで感動。

人間とて、この自然に生かされている生物の一種で

しかないのだから、環境破壊は人類滅亡への道であることは

間違いなんだろう。

山がなくなり、川がコンクリートに覆われ、何処もかしこも

人工物だらけになって、自然が壊されて・・・。

これには強い違和感を感じる。

な~んてことを考えながら仕事から帰ってのが9時半ごろ。

簡単に朝食を済ませて、すぐに墓掃除をした。

ま、我が家の墓地は家の裏山にあるから、歩いて1分。

でもって、掃除が済んでから、一昨日の夕方に仕掛けてた

カニ籠を揚げに行った。

カニって言っても、松葉ガニズワイガニ)じゃない。

秋の絶品であるモクズガニ

私のところではズガニと呼んでいるが、正式にはモクズガニ

地方名では、川ガニ、ツガニ、毛ガニなど、色々とあるらしい。

あの上海ガニと同じカニと言っても良い。

だから味も上海ガニと一緒で絶品!

ただ、厳密に言うと全く同じカニではなく、成長スピードなどで

若干の違いがあるらしい。

だから、最近は上海ガニが意図的にか不可抗力かは

しらないが日本の河川に存在するようになって、外来生物として

問題になっている。

で、カニの結果だが1匹も獲れなかった。

山間の綺麗な水の川の4ヵ所に仕掛けていたのに・・・。

例年なら、1回で15匹くらいは獲れるのに。

あまり仕掛けなかった去年でも100匹くらい獲れた。

実は、今回が初めてではなく、今年は既に何回か

仕掛けてたのに、やっぱり獲れなかった。

何だか、川の様子が変だぞぉ~!

川の環境に異変が起きてるのか???

そんなわけで、今年のカニ漁は断念。

ちなみに、市販のカニ籠に少し手を加えて使っている。

餌を入れるところを鉄製のザルを合わせて使っているのである。

市販のままだと、あっと言う間に餌がなくなってしまうから。

これだと、餌に誘われ籠に入ったものの、餌を食べることが

出来ないから、一度で沢山のカニが獲れる。

カニさんには悪いのだが・・・。

で、お昼ご飯の時間になったので、以前から気になってた

但東町の玉子かけご飯のお店『但熊』に食べに行った。

地元では良質で有名な栗尾の玉子を使った、玉子かけご飯が

有名で前から行きたかったが、なかなか行けなかった。

仕事では、しょっちゅう前を通るのだが・・・。

で、ここは玉子は何個食べても良くて、3つも食べてしまった。

美味かった!

20069221

20069222