読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

四国野宿旅行二日目

朝、4時半に起きてテントを畳んだ。

荷物を片付け、洗面を済ませて出発したのは5時過ぎ。

まずは、今日の目的地である高知を目指した。

6時半頃に高知市内に到着して、伝説?の「はりまやばし」を見た。

ま、ハッキリ言ってショボイ!

これを見るのは2回目なんだけど、何だかなぁ・・・。

ってことで、次に高知城を見ようと思って行くと、開園は9時から。

駐車場に着いたのが7時頃だったんで、出直すことにして

後で行く予定だった桂浜に行った。

以前は、バイクで走っただけで、浜を歩かなかったんで

知らなかったんだけど、うちの方の海の浜と砂が別物。

砂と言うより、砂利が細かくなった感じ。

以前も思ったんだけど、同じ海でも、やっぱり日本海と違う。

明るく感じるのである。

眺めながら思ったんだけど、太陽の位置かもしれない。

太平洋は太陽を目に海を見るのに対し、日本海は太陽を

背にして見ることから海の色が違うように見えるのかもしれない。

で、坂本竜馬が、ジョン万次郎が見た太平洋を見ながら、

私も心の中で叫んだ・・・。

「欧米か?」

常識人である私には、声を大にして叫ぶことは出来なかった。

な~んて、アホなことを思いながら、そこそこの時間になったんで

高知城を見に行った。

天守閣まで登って、時の権力者のように城下町を見下ろした。

それぞれの国を治めた権力者って凄かったんだねぇ~。

まぁ、あり得ないことだけど、もしも自分がそんな立場になったら、

国は二日も持たないだろうなぁ・・・。

あ、それとドラマ「功名が辻」で仲間由紀恵が着ていた着物が

飾ってあった。

袖口から手を入れ、腋の下辺りをくすぐってやった。

どうだ、仲間由紀恵、間接的だが触ってやったぞ!

くすぐったいだろぉ~?

ウケケケケ。

アカン、変態になって行く自分がそこにいる・・・。

そんなことをしながら高知城を後にして四万十川の河口を目指す。

太平洋を見ながら延々と走る。

四万十川市の手前の鯨の見える町である黒潮町で昼食にした。

カツオふれあいセンター黒潮一番館でカツオのタタキ定食と

刺身を注文して食べた。

愛想の良いオバちゃんたちが目の前で新鮮なカツオを捌いて、

それを屋外で藁で焼いてタタキにしていた。

それを「見ますか?」と声を掛けてくれて、全て見せてくれた。

美味しくて、お腹が空いてて、一気に食べてしまった。

ご飯が少なくなったところで、お湯を持って来てくれて、カツオを

乗せて茶漬け風にして食べるんだったらしいが、時既に遅く

カツオもご飯も完食。

オバちゃんは、ゴメンと言いながら、サービスで新しいご飯と

カツオを持って来てくれて茶漬けにしてくれた。

いやぁ~、美味かったし、お腹はパンパン。

もし、近くに行ったら、ここは行っておくべきである。

美味しし、安いし、サービス満点だし、オバちゃんは良いし、

大満足間違いなし。

私たちの他にも3組のお客さんがあって、内の若い女性4人の

グループは北海道から来たと言っていた。

お腹を満たし、四万十川市を目指し、最後の清流四万十川

河口に到着。

今度は、そこからひたすら川沿いに北上。

途中、沈下橋に立ち寄ったりしながら、険しい道を走る走る走る・・・。

夕方、ようやく松山に到着。

とりあえず、道後まで行き、聖徳太子も入った(かもしれない?)

道後温泉本館で入浴。

週末の夕方と言うこともあってイモ洗い状態。

狭いし、湯は汚いし、毎日入浴している地元高齢者のマナーは

悪いしで、ここは二度とゴメン。

女風呂の地元高齢者のマナーは、更に最悪だったらしい。

こんなところは、外から見るだけで入るもんじゃないと実感。

お腹も空いてるんで、近くの店に入って夕食。

店の名前は忘れたけど、ここもなかなか美味しくて量が多かった。

車を運転しなきゃならないんで酒はお預け。

で、とりあえず今日は郊外に離れて野営。

明日の観光に備える。

2007981

2007982

2007983

2007984