読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

ふわふわりん

仕事から帰ったら、既に隣保長である私が音頭を取っていた公園の草刈り等々が

既に終わっていた。

代理を立てていたとは言え、すんませんなぁ~。

んで、その後は父の要望に応じて庭石を移動させてブレイク。

そうしてる内に、特に用事がなかったから、無性に海に行きたくなって、風は期待できないけど、海へGO!

久しぶりの気比ノ浜。

風は、予想通り弱くカイトもパワー入らず。

それでも、浜で何もせず、ゆっくりと流れる時間に身を任せることに幸せを感じる。

ま、一応は海に入ったものの、トータルで200mも走ったか走らなかったかで終了。

カイトを広げてる時に、会身の毛を金色に染めた若い子が声をかけてくれた。

 「何をするんですかぁ~♡」

 「これで飛ぶんですかぁ~♡」

オッサンの私として答えられるのは、「風が弱くて飛ぶことはもちろん、走れませんわ!」と

言うのが精一杯。

あ、決して若い女子じゃなく、若い男子なのね…。

隣でタープを張ってマリンジェットをしていた御一行様の中の1人。

で、話をしてると、多可町から来てるらしく、冬は神鍋のスノーボードスクールでスタッフを

してるらしい。

そのスクールの経営者は親しい知人ですがなぁ~!

ってな訳で話も弾み、私は風を逃してしまったことは誰も知らない真実である。

んで、その方と話してて言われたのが「〇〇さんの様な大人になりたい!」だった。

いえいえ、あなたは既に大人ですからぁ~!

しかも、私なんかを目標にしたら、あなたの人生は変な方向に行きますからぁ~!!

また、雪の積もった山で会いましょう!!!

201497