読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

四国野宿旅行

今日から2泊3日で四国旅行。

冬になったら、また1人でスキーをしに遠方に旅行するから、

せめてもの罪滅ぼしに奥様同伴の旅行。

新婚旅行以来、初めての2人だけの旅行。

と言っても、旅行とは言えない放浪のたびである。

今、この日記をテントの中で書いている。

そう、テントを張って野営しながら巡る四国旅。

ま、新婚旅行の北海道一周もレンタカーと往復の飛行機と

最終日の7泊目のホテルしか予約せずに行った行き当たりバッ旅。

それから比べたら、今回の旅行なんて緻密な計画で遂行している。

で、何故、野営しながらの四国巡りをするかと言うと、ただ単に

節約のため。

宿泊費を抑えて食べ物に回そうってこと。

湯水のように使えるほどお金がないんで、これが一番の節約法。

それと、旅館に泊まるのも良いけど、テントも良いものである。

今は、西祖谷の秘境の湯の前にある道の駅の駐車場で

テントを張っている。

温泉に入って美味しいもの食べて、酒飲んで最高ぉ~!

決して、やせ我慢ではないのだよ・・・。

で、今日の観光は、朝6時半に家を出て、香川の讃岐うどん

食べに行った。

まずは朝食として9時半に山越で釜揚げ卵うどんと

ぶっ掛けうどんの2杯を食べた。

そんでもって、今度は徳島方面の山中に移動して、谷川米穀店で

唐辛子味噌と七味を乗せて生醤油のぶっ掛けで2杯。

どちらも美味かった。

ただ、山越は何だか近代化し過ぎちゃってて、讃岐うどん屋としての

店の味わいがなかった。

谷川米穀店はトイレの異臭と初心者には分かりにくい注文システムに

難があった。

ま、そんなもんと言えばそんなもんかも・・・。

そして、次に向かったのは剣山。

行く道中、噂には聞いていたが、四国の山村を見てビックリした。

さすが標高1995mの剣山をはじめ、高い山々か流れる激流が

作った、恐ろしいほど切り立った山が並ぶ斜面に点在する民家。

天空都市マチュピチュかと思った。

なんせ、それが数箇所じゃなく、延々と続くのである。

うちの近所にも但馬にも限界集落は存在するが、四国のそれは

全域が限界集落かと思えるようなもんだった。

但馬なんて可愛いものである。

で、そんな険しい峠道を登って剣山スキー場に着いた。

冬になると2mの積雪があるこのスキー場。

一体、どうやって、ここまで来るんだぁ~!

更に進んで、車で登れる最も高いところまで行き、そこから

リフトで上がった。

しかい、剣山の上はガスで真っ白。

どの道、時間的にも半袖半パンビーチサンダルでは山頂まで

登れないので眺望を諦め下りた。

潔く、車で移動しかずら橋を恐々渡る他の観光客を横目に

ホイホイと嫁さんと渡る。

なかなか、やるでないかい、我が嫁さん。

そんで、次は大歩危峡と小歩危峡を見ながら車を走らせ、

林道に入り10kmほど山の中を走って西祖谷まで移動し、

秘境の湯で夕食と温泉を堪能して、現在に至る。

明日は高知に行くんで、今日はそろそろ寝よう。

2007971

2007972

2007973