読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

卒業

卒業と言っても♪こ~の支配からの卒業♪ではない。

今日は我が愚息が通っていた専門学校の卒業式だった。

職場に休みの変更をお願いして、神戸のポートピアホテルで

開催された卒業式に、野暮用ついでに参加してきた。

とてもじゃないけど自慢できるような子じゃない。

しかし、自分で好きな道を探り、自分で学校を選び、

先生方の熱意と親の経済的援助で卒業に至った。

いよいよ社会人。

と言うか、昨日が採用された会社に初出勤。

今後は自分で稼いだ金で生きて行く。

私は思いやりのある親じゃないんで、今後は一切の

経済的援助をしない。

食うのに困れば空腹に耐えれば良い。

まとまった金が欲しければ働いて貯めれば良い。

さすがに初給料を貰うまでは衣食住の面倒を見てやらなければ

ならないが・・・。

で、愚息が通っていたのは調理師専門学校。

今の時代、食の安全は大切なことである。

それを肝に銘じ仕事に励んで欲しい。

人の一生で、晩期に病で倒れるのは仕方ない。

それは生き物である以上、起こり得ることで、高齢になれば

最新の医療技術で抵抗したところで無理。

しかし、食は人が生きて行く上で絶対に必要なもので、

安全安心なものでなければならない。

それを担う、重要な仕事に携わることを肝に銘じ、これからの

人生を送って欲しい。

父か?

父は、肩の荷が降りて、これからは軽~く生きるのだ!

ライトにライトに生きるのだ!!

田舎者は大学や専門学校に通わせようと思うと大変。

学衣食住にいる費用は年間に200~300万円。

貯金なんてアッと言う間になくなってしまう。

良く頑張ったワシ!

今後は生活に少しは余裕が生まれるかな。

頼む愚息。

一旗あげて、父にポルシェを買ってくれ!

あ~いやいや、ちょっと古いデトマソパンテーラが欲しいな。

それに、それに、それに・・・。

ま、叶わぬ期待と夢は持たぬことにしよう。

なんせ、私の遺伝子を引き継いでいるのだから君はチョロイ!

2008314