読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

アニマルトラック

(スキー9日目)

キ~ンと冷え込んだ今日のスキー場。

ここ数日、極上の雪質。

朝陽に照らされキラキラと輝く雪の上に無数のアニマルトラック。

昨夜の内に走り回った動物たちの足跡。

多くはウサギのものだが、キツネの足跡もあった。

ウサギがキツネから逃げ回ったであろう両者の足跡もあった。

自然ってエエのぉ~!

20161261

そして、もう一つのアニマルトラック。

ようやく、ようやく、今シーズンのために買った新しい板を履くことが出来た。

ReIsmのWOLF。

そう、オオカミちゃん。

ってな訳で、素人ながらのインプレッション。

一応、同メーカーのLA-Fと比較してみる。

使用ワックスは、いつもの通り日之本蝋燭社製のスノーダンプ用ワックス。

ビンディングは、マーカーのスキッゾで前後方向にビンディング位置を

変更できる優れもの。

で、リフトに乗るために履いた瞬間、足元にガツンとした感触。

かなりシッカリした感じ。

まずは、緩斜面を流してみる。

ん~、何も感じない。

ってか、LA-Fの方が滑りやすいかも?

次に、整地の急斜面。

高速の大回りをしてみたけど、板のトップがブレずに恐怖感がない。

そして、雪をシッカリと捉えてくれて、「ワシにも切れる滑りが出来るがなっ!」

と思わせてくれた。

整地の中斜面では、ターンの中盤から後半にかけて足の裏全体を使って

押し出すようにしたら、思った以上に板が前に走ってくれた。

テールが押し出してくれるような感じと言ったら良いかも???

LA-Fで同じようにしても、それほど板が前に走るって感じはないんで、

そのままの姿勢で良いんだけど、WOLFは身体が遅れそうになるんで、

積極的に身体を前に出してやる必要があるように感じた。

そうすることで更にスピードを上げられる。

そして、ターンの切り替え時にトップの抜けが良いと言うかスムーズに

板が進行方向を向いてくれるような気がする。

LA-Fに比べると、板の幅が全体的に太いけど、トップの形状がスムーズさを

生んでるのだろうか?

整地の急斜面での小回りはLA-Fとの差を感じられなかった。

つまり、最高に小回りがしやすい。

新雪の急斜面では、可もなく不可もなく。

こればっかりは、新雪をやる時には専用のデカ板しか使わないから、何とも

評価が難しい。

コブの急斜面では、LA-Fの方に軍配が上がる。

ま、傷を付けたくなくて、思い切って滑られなかったってのもあるけど・・・。

んで、5線のコースを高速で一気に10本ほど連続で滑ってみた感じ。

高速の安定性は抜群で、切れがあって気持ち良い高速ターンが出来る。

地形やコブで高速のまま飛んでみても、ランディングで瞬時に雪面を捉えて

安定した滑りを続けることが出来る。

チョコマカした滑りよりも、爆走するのに持ってこいの板であることは間違いない。

なので、週末などの人が多い時に履くことはお勧めしないし、高速で滑らない人は

止めておいた方が良いと思う。

最後に、スキッゾの位置変更機能を1本づつ試してみた。

まずは、ビンディングを一番後ろに設定。

高速でトップがバタついてテールからの圧力がなく面白くないし、飛ばせない。

次に、ビンディングを一番前に設定。

テールからの圧力があって、ターン中に前に押し出される感じはするんだけど、

トップに圧力を伝えられなくて、何となく不安になる。

やっぱり、設計者の意図通り、スタンダードな位置が最高なのかもしれない。

ただ、0.5㎝単位で前側に良いところを探すと、面白いセッティングが見つかるかも?

ま、これは身体的な差とか癖とかで個人差があるから、良い位置は人それぞれ。

あ、それと、この板しか持って行ってなくて、パウダーを滑りたい時には、

ビンディングを一番後ろにセットすると良いかもしれない。

一番後ろにセットしてスピードさえ出せば、トップは浮いてくるはずだから、

そこそこのパウダー滑りが出来るかもねぇ~。

そんな訳で、私の一番のお気に入りの板になったのである。

そんなこんなで、WOLFのアニマルトラックを付けてやったぜい!

20161262

帰宅後、用事を済ませて、お孫ちゃん達を保育園にお迎え。

今夜は、我が家にお泊りで賑やかな夜になった。

私、本日を持ちまして、目出度いのか目出度くないのか分からないけど53歳と

なってしまったのである。

そんな訳で、ご馳走やケーキをご馳走してもらった。

ありがとうございます、良い誕生日を迎えられました。

歳を取るのは悲しいけれど・・・。

20161263