読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

秋祭りと蕎麦打ちと…

カテゴリ分類困難体験発見記

今宵は秋祭りの宵宮。

早いもので、今年も秋祭りが来た。

1年なんて、アッと言う間である。

Time flies.

光陰矢の如しなのである。

時間を無駄に過ごしていないだろうか???

いや、無駄ばかりの人生と言われても仕方ないくらいの無駄尽くしか・・・。

で、秋祭りの起源は、言わずと知れた、日本人の主食である米が秋に収穫されることから、

それを祝い、五穀豊穣を願い神に奉じたものである。

しかし、純粋な五穀豊穣を願うだけの祭りかと言うとそうでもない。

幕府や領主の厳しい統制下にあった江戸時代の農民にも、氏神の例祭、寺の法会や

講などの宗教的な行事だけは、集まって飲み食いすることが許されていた。

ま、簡単に言うとガス抜きである。

幕府や領主が、自分達に対する不満のガス抜きに使っていたのである。

正月、初午、節句、彼岸、夏祭、お盆、秋祭りなどの年中行事が、ガス抜きに

利用されていた。

特に、今とは違い単調で抑制された生活だったはずなんで、盆踊りと秋祭りの神輿や

だんじりなどは、トランス状態になれる楽しみだったはず。

そんな訳で、今の時代でも秋祭りになると田舎モンは血が騒ぐのである。

で、秋祭りとは関係ないが、時間が出来たんで、こないだ買った蕎麦打ちセットを

ついに出動させてみた。

なんせ初めての蕎麦打ちなんで、教材通りにやってみた。

なので、蕎麦粉7割りに対して中力粉3割り。

ま、上手く出来たかってぇ~と、それほどでもない。

ただ、やっぱり打ち立ての蕎麦は美味いし、何となく出来そうなんで、近い内に

新蕎麦が収穫されて香り高い蕎麦粉が市場に出回るんで、十割り蕎麦を打つつもり。

ってな訳で、蕎麦打ちも趣味の一つに加えようと思うのっ!

20151010