読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

マッハの宴

航空自衛隊創設60周年記念となる小松基地航空祭に行ってきた。

昨日、仕事から帰ってから準備を整えてGO!

10時に家を出発して、途中で昼食や休憩をとりながら北陸自動車道の加賀で下りたのが

2時半頃だったから、加賀まで掛かった時間は4時間少々。

て、まずは日本自動車博物館へ。

旧車の殿堂で、興味をそそる車やバイクが溢れかえってるんだけど、私的には

もっとスポーティーな旧車を多く置いてほしいなって感じ。

ただ、総額で幾らになるんだろうか???

20149201

20149202

んで、次は那谷寺に行って、厳粛な空気を感じ、他の寺院にはない幻想的な風景を堪能。

紅葉や雪の季節は別格の美しさなんだろうなと思った。

その後、せせらぎの郷って言う温泉に行ってから、予約してたホテルにチェックイン。

20149203

そして、今日は4時半頃に起床して準備開始。

5時過ぎにチェックアウトして、小松基地から約2㎞くらいのところにある公園に駐車。

そこから歩きで会場へ。

6時くらいに基地前に到着すると、既に長者の列。

それでも、前から200mくらいってところ。

開門の7個頃には、私の後ろには最後尾が見えないくらいの長蛇の列。

会場に入り、最前列には陣取れなかったけど、2列目をゲット。

オープニングから航空祭のメインである、ブルーインパルス演技まで堪能してやったわい!

それにしてもナマで見るF-15の複数機飛行は凄かった。

ただ、本気のマッハ2.5を見てみたかった!

今日の最高速度が時速900㎞/hだったから、マッハを超えてへんがなぁ~。

で、驚いたのはF-15よりもF-2

最高速度はF-15に劣りマッハ2.0までしか出ないものの、250㎞/hの超低速での

飛行が可能なのである。

見てて、失速して墜落するんちゃうかと思えた。

それにしても、第4世代戦闘機のF-15ですら、これだけの飛行性能なんだから、開発中の

第6世代次期戦闘機は一体どんな性能をしてるんだろう???

まぁ~、とにかく車でもバイクでも飛行機でも、漲るパワーには心がワクワクする。

そして、午前のプログラムが済んで、F-15の出番も終わってブルーインパルの

出番を待つだけの時に、何故か2機のF-15が滑走路に登場。

そして、颯爽と、猛烈な速さで日本海上に消えて行った。

アナウンスを聞くと、何でも本物のスクランブル出動だった。

ま、1年回に何百回もスクランブル出動してるはずだから、珍しいことではないんだろうけど、

私には初めて目にする光景だった。

そして、ブルーインパルスの演技は、やっぱり最高ってなもんじゃない。

人間て、身体能力にもよるだろうけど、鍛錬すれば物凄いことが出来るもんだと感動。

ブルーインパルスの演技後は、展示機や展示装備を見て回った。

やっぱり目が行く、日常的に仕事で使っている機材や類似車両。

色や形が違うだけでカッケェ~!

で、思ったんだけど、今年が最後となってしまった、我が家から僅か5分ほどの距離にある

但馬空港のフェスティバルだけど、ある意味で小松基地航空祭に負けてない。

小松基地航空祭で飛行や展示されるは、航空自衛隊が保有する航空機や装備品だけ。

但馬空港のフェスティバルは、航空自衛隊の協力はあるものの、民間機が基本なんで、

エアロバティック機、グライダー、モーターパラグライダーなど、別の意味で面白い。

ってか、面白かった…。

形を変えてでも、但馬空港のフェスティバルを続けて欲しいと思う今日のボク。

20149204

20149205

20149206

20149207

20149208

20149209

201492010

201492011

201492012

201492013

201492014

201492015

201492016

201492017

201492018

201492019

201492020

201492021

201492022

201492023

201492024

201492025

201492027

201492028

201492029

201492030

201492031

201492032

201492033

201492034

201492035

最後に…。

私は決して戦争を望まない。

ただ、中国、ロシア、それと朝鮮半島の2国は、武力をチラつかせて日本にチョッカイを出し、

難癖を付けてくる。

武力による脅威には、武力武装するしかないと思っている。

形だけの武力武装じゃなく、武装し鍛錬を積むことが大切だと思う。

練度を上げることで、自分自身も刀を抜かずして、相手にも刀を抜かせない。

それこそが、平和を保てる唯一の方法だと思っている。

確かに、核武装とか、次から次に兵器保有をすればきりがない。

しかし、民族、宗教、思想、指導者が違えば、綺麗ごとでは解決しない。

どこぞの9条教団の9条信者さんが有事の際に9条砲で迎撃してくれれば良いけど無理。

9条は見てくれは良いけど、所詮は絵に描いた餅。

そもそも、日本人は戦闘的な民族である。

自分自身、家族、地域、国を守りたいと言う気持ちが、男には強くなりたいと思わせ、

女性には逞しい男を求めさせるんじゃないかなと思うのである。

そんなこんなを思いながら堪能した航空祭

この航空祭に携わられた自衛隊の皆様、本当に有難うございました。