読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

食い初めの儀

家族

今日は、お孫ちゃんの食い初めの儀。

自分ところで、ちゃちゃちゃっと済ませば良いようなもんなのに、実家の

祖父母の私達まで招待してもらった。

そんなわけで、仕事明けて家に帰って、急いで準備して娘宅へGO!

ついさっき、帰路に着いた道を再び走る。

手前味噌かもしれないけど、生後3ヶ月にしたら、ビックリするほど

こうじゃげぇ~である。

ちなみに「こうじゃげぇ~」とは、当地の方言で「確りとしている」と言う意味。

日に日に憎たらしいほど婿殿に似る孫娘。

仲睦まじくする娘夫婦。

和気藹々とした家庭。

娘も良い家に嫁がせてもらい、孫も良い家族に囲まれ、ホントに幸せだと思う。

私は自分の子ども達にも、色んなことを教えたかったが、若かった私には

経済的なこと、時間的なこと、仕事のことなどで、なかなか教えられなかった。

でも、孫よ、待ってろ!

私が生きている限り、私の知っていることを教えてやる。

海のこと、山のこと、生き物のこと・・・。

そして、道を踏み外しそうになった時には、タダタダ抱きしめに行ってやる。

♪タダタダダキアッテ♪

♪カタタキダキアッテ♪

♪テヲトッテダキアッテ♪

なのである。

両親とは違う愛し方をしてやる。

君の人生に幸あれ!

君の人生を可能な限り見続けたいと思った。

人間と言う動物としての役目は終えたから、寿命さえ来れば死んじゃっても

良いと思っていたけど、生きていたいと思った。

命を考えさせられる、食い初めの儀・・・。

2010117