読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

感謝に手を合わせることの意味

スキー

(スキー38日目)

仕事終わって、のんびりと準備して山へGO!

天気は上々、風はフワフワ、花粉と黄砂はバッサバサ。

直ちに、山頂付近のコブを攻める。

1本目から全開。

いつものことだけど、昔にやった左膝内側副靭帯不全断裂の痛む。

ただ、そんなこたぁ~関係ないのさ、精神が脳内麻薬を欲しているのさぁ~!

ってな訳で、コブジャンキーと化す。

途中、休憩がてらに、林の中を滑って3線降り場の上に出てみた。

あちこちで雪は割れてて、そんなとこは飛ばなきゃ危険で、それがまた脳内麻薬を

ビュッビュビュッビュと噴出させる。

そんなこんなをしてて、3時頃になると雨が降り出した。

それは春雨。

決して、食べ物の春雨ではない。

激しく降るでもなく、シトシトと降り続ける雨。

今日がオクカン最後になるかもと思いながら撤収。

そして、一昨日に続き一日一善。

男性が蹲っていて明らかに様子が変だったんで声を掛けてみた。

転倒して右膝を痛めて動けず、既にパトロールは要請済みとのこと。

ただ、その場が危険な感じだったんで、スキーをクロスで立ててあげて、念のために

リフトに乗る前にパトロール事務所に寄って報告。

いやぁ~、今日も少しだけど良いことをして気持ちが良い。

んで、今日もだけど、この前から感動したことがある。

まず、こないだのこと、休憩で入ったロッジで、1人の若者が昼食を摂ろうとしていた。

茶髪のスマートフォンを弄ってる今風の若い男性。

その彼が、食べる前に、そっと手を合わせ小さな声で「いただきます」と言って

食べ始めた。

決して意識して行っていたのではない、自然と出た行為。

オッサンは感動した!

きっと、その彼を育てたご両親は、素晴らしい育て方をされたんだろうと…。

そして今日も、休憩と今シーズン最後になるかもしれないんで、挨拶するために

入ったロッジで、2人の30歳くらいの男性の内の1人が、カツカレーを食べる前に、

手を合わせ大きな声で「いただきます!」と言いながら食事を始めた。

それも、日頃の習慣が自然に出た感じ。

またまた、オッサンは感動した。

私は出来ているだろうか?

自分の子供や孫ちゃん達に教えてきたつもりではあるが、ちゃんとしてくれてるだろうか?

食べ物をいただく時には、食材の命、獲ったり育ててくれた方、料理を作ってくれた方に

感謝をしなければならない。

一つの食べ物には多くの命を奪い、多くの労力がかかっている。

そのことに感謝の意味を込めて、手を合わせ「いただきます」と言うことが大切なのである。

そして、食べ終わった後には「ご馳走様でした」と言うこと。

「いただきます」を言う人は「ご馳走様でした」を言うはずである。

私にとって今日で今季最後になるかもしれない奥神鍋スキー場。

山、雪、スタッフ、友人等々、全てに感謝。

ただ、まだ手は合わせない。

もちろん、その時々で感謝はしているが、まだ「ご馳走様でした」は言わない。

ひょっとしたら、クローズとなる22日までに行くことが出来るかもしれないから。

20153181

20153182

20153183

20153184

20153185