読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

安心して下さい、届いてますよ!

スキー

(スキー2日目)

安心して下さい、届いてますよ!

ってな訳で、ついに届いた新板。

決して安いものではないので、どうしようか迷っていたが、「この物欲だけは誰にも

止められねぇ~!」って訳で、注文していた板が来た。

間違いなく、私の周りの人は履いてないし、このメーカー自体を知る人も少ないはず。

で、購入したのはリイズムのウルフ。

あの奇人変人超人偉人の岩渕隆二様が開発&販売されている板なのである。

ビンディングは、マーカーのスキッゾ。

これは、岩渕さんと話をしていて、彼から勧められたもの。

そして、彼と同じ仕様らしい。

こんな稚拙な私のブログを読んで下さっている諸兄は、私がリイズムのLA-Fと言う

板に乗っていることは知っておられる方もあろうかと思う。

だから、私がリイズム信者と思われているかもしれない。

でも、それだけ楽しい板なのである。

トップシートの弱さを除けば・・・。

ま、さすがに、雪が降り始めたとは言え、自然雪で思う存分滑ることが出来ない今日、

まだウルフを使う気になれない。

早々に傷を付けてしまったりしたら悲し過ぎるのである。

そして、もう一つ感動したこと。

外箱に、直筆のメッセージが書かれていた。

私も、友人知人腐れ縁から、色々な物の修理を頼まれることが多い。

一般的に言う便利屋さんである。

もちろん、無償で引き受ける。

そして、頼まれたこと以外にも異常を見付けたら修理するし、来た時よりも美しくの精神で

綺麗にして返す。

これは、本業の関係もあって収入を得られないってこともあるけど、頼まれたことだけ

やって「ハイどうぞ!」ってな気持ちになれないのである。

そこに来て、このメッセージと私なんぞに掛けて下さる電話。

これこそが、人となり・・・。

岩渕隆二と言う人は、凄い成績を残しただけじゃなく、間違いなくスキーを愛し、

人を愛する人だと実感。

オッサンがオッサンに惚れるとは、これを言うんではないのではなかろうか・・・。

いやいや、間違っても肉体関係は望んでませんから!

とにかく、早く履きたいウルフ。

こうなったら、リイズムの宣伝兼ねて、検索キーワードを打ち込んでやるわい。

「ReIsm、reizm、リイズム、リィズム、岩渕隆二、ウルフ、最高!」

201512161

201512162

201512163

で、今日のスキー。

山は薄っすらと白くなってるものの、人工雪コースしか滑られないし、ガタガタで狭いしで、

数本滑って休憩所に入って、友人知人腐れ縁の方々と雪談義。

皆、オッサンやジジイなのに子供みたい。

この雪が、根雪になることを願って撤収。

201512164