読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

あれやこれやの日曜日

仕事明けで、すぐさま剣道の試合会場へ…。

今日は、豊岡で開催された小学生から一般までが出場する剣道大会があった。

ただ、当剣友会は大人のメンバーが揃わず、小学生のみの出場。

中学生や高校生は、それぞれ学校で出場。

そして、何やかんやあって、今日は審判も欠席させてもらったんで、気楽な準引率。

で、1試合目だった当剣友会小学生は桜散ると言うよりも、桜の木が折れると

例えた方が良いくらいの負けっぷりで、早々に解散。

2015451

その後、遅れることを伝えていた、猟友会の総会に出席して手続きを行う。

その総会終了後に大会会場にいるメンバーに電話をして、中学生の状況を聞くと、

これまたシードだったもんの、そこで敗退したと報告あり。

んな訳で、高校生と一般の試合を見に戻るか悩んだけど、家族サービスをすることにした。

食事に行って買い物の同伴。

その後、私の希望で、山菜と言うか野草採り。

まずは、ワラビとコゴミ。

ワラビは、期待してなかったんだけど、既に太くて柔らかいのが大量にあった。

2015452

同じ場所で、コゴミも大量。

写真の様に既に大きくなって薹が立ってしまっているものもあったけど、

まだ握り拳のようなのが沢山あったから、来週くらいがピークかもしれない。

2015453

んで、次にフキノトウを探しに、雪がまだ残る標高の高い場所へ…。

食べ頃なのが沢山あった。

帰路、タラノメの成長具合を確認してたら、ほとんどは来週くらいが採り頃だと思うもの

ばっかりだったけど、既に採り頃になってるのも沢山あった。

タラノメを採る準備をしていなかったんで、車に積んでいたタオルを手袋代わりにして採る。

何だかんだと短時間で、今夜の食べるには十分過ぎる量が採れた。

今年は、山菜の成長が早いような気がする。

そして、帰宅後に私のジムニーと愚息の車のタイヤを冬タイヤから夏タイヤに交換。

火曜日くらいから、グッと気温が下がるもんの、さすがに雪は降らないはず。

2015454

さて、ここからは、ちょっとマニアックなネタ。

政治思想仕事ネガティブなこととかは書かないようにしてるんだけど、どうしても

この悶々としたものを吐き出したくて仕方ないんで書く。

って言うか、政治思想仕事ネガティブなことではなくて、少し腹が立ってるだけのこと。

ちょっと前からテレビに出てくるようになった芸人で、8.6秒〇ズーカって2人。

初めてテレビで見た時から、違和感、不快感、嫌悪感等々を感じていた。

ネタも何が面白いのかと言うより、何を言っているのかが分からなかった。

それが、確信に変わった。

以下、ネットで拾った情報である。

 8.6秒〇ズーカ=8月6日の広島原爆をもう一度

  8.6=8月6日

  秒(Second)=再び

  〇ズーカ(BAZOOKAA)=爆撃

 〇ッスン〇レライ=神の裁きの光

 〇usting 〇od 〇ead 〇ight

 〇ャビア、〇ォアグラ、〇リュフ、〇パイダー〇ラッシュ〇ーリングサンダー

  〇ャビア、〇ォアグラ=意味なしかも?

  〇リュフ=キノコ

  〇パイダー=クモ

  〇ラッシュ=閃光

  〇ーリングサンダー=雷鳴

  上記を結合させると、キノコ雲とピカドン原子爆弾

 〇ょっとまって

  B29〇ョットマッテ(CHOTTO MATTE) 機体番号:44-86400

  広島に原爆を落としたのは、B29エノラゲイ(enola-gay) 機体番号:44-86292

  機体番号44-86400はエノラゲイから見るとお兄さん。

 no title

ちなみに、B29〇ョットマッテの写真を見たら分かるけど、絵の女性は右手中指を

立てており、下の方にJ(ジャパンのJ)が落ちている。

で、このクソ芸人の決めポーズが、広島の「原爆の子の像」と長崎の「平和記念像」に酷似。

それ以外にも、ネタの歌詞を全て見てみたけど、あちこちに悪意を感じる。

これ、絶対に、このクソ芸人2人が作ったネタじゃないわなぁ~?

かなり、高度な悪意に満ちた作家が付いてるはず。

〇本興行が黒いのは当然だけど、日本中に悪意ある者たちが巣食っている。

数年前から続いている、仏像をはじめとした日本人が心の拠り所とするものの窃盗。

神社仏閣への放火。

特に、ここ数日の間で発生している、神社仏閣に油状物質がかけられていることは、

明らかに放火の予告である。

特に、7月前後は、全国で神社仏閣をはじめとして、日本人が心の拠り所にしている

建造物への放火が危惧される。

全国で、徹底した防火対策と監視が必要なのである。

とにかく、今夏は日本に対する破壊工作が相次ぐ可能性が高い。

もう、日本人は、我慢の限界を超えている。

チャーチルがガクガクブルブルになったように、堪忍袋の緒が切れるのである。

さて、これは、フィクションでしょうかノンフィクションでしょうか?

それを判断するのは、アナタしだい…。