読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

イノシシ、解体したどぉ~!

山の幸 狩猟

昨日、捕れたイノシシ。

内臓だけ取り除いて水に浸けていたのを解体した。

もちろん、解体は初めて。

吊れるようにしてなかったため、水槽をひっくり返してブルーシートを敷いて、

その上で解体。

皮を剥ぐんだけど、なかなか上手く出来ず、皮に脂が残ってしまう。

ま、これは魚と同じで、上手くなるには経験しかないと自分に言い聞かせて作業続行。

皮と身を離して、そのまま皮の上で作業。

吊ってないから、これが衛生面でも良いかなと自分勝手な判断。

4本の足を外したところで、魚と同じように捌くことが出来た。

骨盤部分が違うだけ。

とにかく、捨てるのは皮と頭蓋骨と顎の一部。

見事に肉塊にした。

解体中、お孫ちゃん達が来た。

見せても悪いものでもないんだけど、敢えて見せる必要もないんで、私は留守ってことにして

家の横で作業を続行。

ま、もう少し大きくなったら見せると言うか、一緒に捌かせてやろうと思う。

私が獣を捕って殺して食べる行為に対して、残酷だとか非情だとか異常だとか思うのは

構わないし、言われても良い。

ただ、そう思ったり行ったりする人は、この記事を読み終わった時点で、ケンタッキーも、

マクドナルドも、寿司も、たこ焼きも、トンカツも、刺身も、野菜も、全ての生き物が

調理されたものを食べるのを止めていただきたい。

つまり、水以外のものを口にするなと言うことだ。

水さえも口にしてほしくないのが本音ではあるが・・・。

自分の行為を正当化するつもりがないと言わない。

正当化するつもりなのである。

私が解体している途中に様子を見に来た奥様が、線香を立てて手を合わせていた。

それでも、アバラ肉を見て「美味しそう!」と言っていた。

それで良いのである。

殺した命への慈しみがあってこそ、命をいただけるのである。

今日の写真は、剥ぎ取った皮のものだけ。

解体中の写真や動画は、ネット検索すれば幾らでも出てくるんで、写真に収める

気にならなかった。

ただ、初めての獲物である君の姿を忘れないために。

20151129

そして、夜は家族でフグ料理を食べに町内の大坂屋さん。

この大坂屋さんは、安くて美味しいフグが食べられることから、大阪とか神戸とか姫路とか、

かなり遠方からのお客さんがある。

予約してたんで、個室でフグのコース料理を堪能。

いやぁ~、美味かった。

大坂屋さんのフグは、間違いなく最高。

ま、あちこちのフグ料理を食べ歩いたわけじゃない。

でも、調理専門学校に通っていた愚息が、フグ専門店でアルバイトしてたんだけど、

味と価格を高く評価していたから悪くはないんだろうと思う。