読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

一日一善

(スキー37日目)

今日は昼まで仕事だったんで、滑り出しは12時半。

山頂まで上がってみたものの、黄砂の影響でスピードは出ないし、コブはピッチが

長く面白くないし、そのコブのために長いことリフトに乗ってるのも我慢が出来ない。

なので、すぐに下に降りて1線のコブを滑りまくる。

ここも、ピッチが長いから面白くはないけど、他よりも良いかなって感じ。

そして、3時前にリフト降り場付近で立ち尽くす女性を発見。

女性と言っても、60~70歳くらいの高齢女性。

明らかに様子が変だったんで「大丈夫ですか?」と声を掛けてみた。

すると、「朝から滑ってたんだけど、さっきから急に怖くて滑られなくなっってしまった。」

「リフトから落ちてから急に怖くなっちゃって…。」とのこと。

そう言えば、1時過ぎにリフトが急停止して振り返ってみると、私の3席後ろで

どうなって落ちたのか想像つかないほど、雪のないところに女性が転落してた。

どうも、その女性だったみたいで、聞くとリフトに乗って降りると言うんで、せめてもと

スキーを持って滑って降りてあげた。

リフト乗り場に立てかけておいてあげたら、無事にご主人と合流できてお帰りに…。

いやぁ~、一日一善、良いことをするのは気持ちが良い。

好き放題して生きた人は、死ぬ時に「もっと人のために何かをしておくべきだった。」

とか「人の役に立ちたかった。」とか思い後悔するらしい。

私も、どちらかと言えば好き放題に生きている。

せめて、目の前の人が困っている時には助けてあげようと思う。

そして、人が苦しむような要求や行為はしないでおこうと思う。

なかなか難しいことかもしれないが、死ぬ時に後悔したくないのである。

思いっ切り生き抜いて、やっと死ぬ時が来たかと満足して死にたいと思う。

そのための一日一善!

20153161

20153162