読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

ちょっと悔しい

(スキー23日目)

仕事を1時間早退させてもらって、市民スキー大会に参加した。

何とか、開会式にギリギリ間に合った。

んで、生まれて初めての競技参加。

そう、今まで練習を含めてポールをくぐったことがない。

林の中の立木をくぐるのは日常だけど…。

ま、一度で良いから競技ってものに出てみたかった。

私がエントリーしたのは40歳から54歳までの壮年2部。

1部は県大会以上に出場経験がある人で、2部はそうじゃない人で、私が最年長。

種目はジャイアントスラロームのみ。

取り敢えず、他の人に着いてって、インスペクションと言う下見ってやつをする。

そして、赤色のポールは左を通り、青色のポールは右を通ることを教えてもらい、

スタート地点に戻る。

ありゃりゃりゃりゃ~、皆さん、スキーのワックスを塗り始めましたがなっ!

しかも、どの板もGSってなロゴが入った、カタログでしか見ることのないようなのばっかり。

ストックも長くて曲がったようなのを持ってはりますなぁ~!!

持って行ってたストックは、普段からコブを滑ることが多いから105㎝にしてる。

もちろん、コブをやる時は、もっと短いストックを使う。

そんな訳で、せめて長さだけでも調整しようとしたらカラカラ空回り。

抜いてみると、調整機構の部品が外れて中に引っ掛かったまま。

仕方なく、短いまま使うことにした。

スタート順が迫ると、皆さん服を脱ぎ始めはりましたでぇ~!!!

本格的なピッチピチのスーツを着てはりますがなっ。

皆さん、本格的です。

私はと言えば、レースに履けるような板と言えば、突貫修理の終わったReIsmの

LA-Fしかなく、ウェアもいつもと同じ。

脱いだら江頭55になってしまいますがなぁ~。

板もウェアも完璧な方々の中で完全に浮いてて、自転車のロードレースに普段着と

ママチャリで出場した状態。

そして、初めてのスタート。

普通に滑るのなら、所構わずブッ飛ばせるのに、ポールをくぐろうと思うと、

どうしても思ったスピードにならない。

ようやく、ポールを通過する時の感触を掴んだところでゴール。

で、結果は、自分の出た部で準優勝。

タイム的には、他の部の上位と大きく変わらなかった。

江頭55の格好で、専用の板にして、長いストックを使って加速できるようにして、

スクーバダイビングの時に付けるウェイトを10㎏ほど付けて滑ったら、5秒くらい

速くなるかもしれない。

2015281

夜、用事があって外出してたけど、帰宅後にストック修理をした。

調整機構の部品は、グリップ側で固定と言う本来の仕事をしながら、先端側の

接着が外れた状態。

そんな訳で、そのままでは取り出すことが出来ないため、一か八かで先端側の

接着部分にエポキシ系の接着剤を流し込んで、グリップ側に差し込んで放置。

上手くいけば、これで固定を解放出来て、そのまま使い続けることが出来るはず。

ダメなら、105㎝の固定で使用継続することになる。

結果は数日後に判明する。

2015282

そして、今になって、1位になれなかったことが悔しくて仕方ない。

ちょっと、ポールを意識した滑りを練習してみようと思う今日この頃。