読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

卒業創作展

家族

今日は愚息の通っている尼崎の調理師専門学校の卒業創作展を

見に行ってきた。

自分の目標を見つけて通っている調理師専門学校の卒業が

2週間後になった。

就職は内定しているが、どんな人生になるのやら・・・。

で、今日は仕事から帰って軽く朝食を済ませ、休むことなく出発。

昨日からの仕事は大繁盛で、2時間ほどしか仮眠を取れなかった。

さすがに片道2時間半はキツイかもぉ~!

そうそう、今日は卒業創作展を見るだけじゃなく、愚息が使っていた

原付スクーターを持ち帰るのも目的の一つなんで、トラックで

行ったから、なおさら疲れる。

さてさて、その愚息の出品作は写真のとおり。

オオッ、それなりに素晴らしいでないかい!

ただ、ただ、ただぁ~、季節は春。

なのに、何で秋を造ってんだぁ~?

残念ながら、我が愚息の作品は賞を貰えてなかった。

入賞作品は旬の材料で春を彩った作品。

ま、そうだろうなぁ~!

職業としての調理師を目指すのなら、食べる人を感動させる

料理を造るのが条件である。

物造りは面白い。

しかし、職業となれば、その時に多くの人に喜ばれる物を

作らなきゃならない。

一部マニアの喜ぶものを作っても食べては行けない。

愚息よ、お前が作ったものは大勢の人を魅了させられない。

何故ならば、春を身近に感じている人に、秋を訴えて

感動を得ることは無理。

料理の技術やアイデアは抜群のものを持っていると思う。

しかし、空気を読む力がない。

ま、偉そうに言う私に、そんな能力がなく、そんな私に

似てしまったのだから仕方ないか・・・。

きっと、今日の創作展の構想を練ったのが、去年の

秋だったんだろうなぁ~。

この私も、構想を練り始めて行き詰まり、そのまま倉庫に

数十年も眠らせたガラクタに、ある日突然アイデアが浮かんで

手をつける。

出来上がったら時代遅れで、外に出すことも恥ずかしいと

思う物が出来てしまうなんて日常茶飯事。

そんな私に似てしまったんだろう。

そうそう、私の性質が悪いのは、構想を練る時や、造って

いる時などは幸福を感じるのだが、出来上がってしまうと

関心がなくなってしまう。

もう一度壊して、何か別の命を吹き込みたくなるのである。

愚息よ、趣味の世界と職業の世界を上手く使い分けろ。

ただ、私自身が思うのだが、型に嵌り時間に追われた仕事を

していると、融通が効かなくなる自分を感じることがある。

マニュアルに基づいて仕事をするのは大切なことだけど、

それだけではダメだと思うことがある。

時には趣味の世界から、本業を見ることによって、

ピピピっとくることがあるのだから。

しっかし、難しいねぇ~。

型に嵌ってはダメだが、型に嵌らなければ食って行けない。

型に嵌ってしまうと、人の感動を得ることが出来ない。

ま、自分が何を目指すかだな。

200831