読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

タンボルギーニ・ケイトラックをリフトアッ~プ!

タンボルギーニ・ケイトラックことキャリイさんのリフトアップ用に頼んでた

キャンバー調整ボルトが入荷したんで引き取りに行って、早速とばかりに

作業した。

とりあえずはフロントだけ。

スプリングは、某ショップが販売しているエブリイのリフトアップ用。

ネットで検索したら4インチアップのキットも出回ってるし、知り合いの

自動車屋さんもコンプリートで売ったり取り扱ったりしてるけど、

あまり上げすぎて下品になるのも嫌だし、構造変更しなきゃなんないのも

何だかだし・・・。

ってな訳で、車検も問題なく下品って言うほどにはならないであろう、

このスプリングをチョイス。

まず、ちゃちゃっとストラットを分解してスプリングを外す。

ここまでの作業時間は15分ってところ。

で、ノーマルと新しいスプリングを比較。

【ノーマルスプリング】
 全長 : 265mm 線径 : 10mm
 巻数 : 8巻
【リフトアップスプリング】
 全長 : 287mm 線径 : 11mm
 巻数 : 10巻

巻数が多いから線径が太くても乗り心地と伸縮は悪くなさそう・・・な気がする。

20131291

20131292

スプリングコンプレッサーで思いっきり縮めてストラットを組み上げて

ノーマルボルトをキャンバー調整ボルトに交換して装着。

このキャンバー調整ボルトはスズキの純正品でストラット部分のボルト径が

細くなってて、ハブとストラットをズラしてポジティブになっちゃうキャンバーを

補正しようと言うもの。

20131293

反対側も同じように作業して、逸る気持ちを抑えて各ボルトの締め付けを確認。

完成までの時間は、ゆっくりしてたけど2時間ほど。

作業しやすい車って楽だねぇ~。

で、早速、近所を試走。

異音もガタツキもなく快調。

乗り心地は、少し突き上げを強く感じるかなってところ。

で、車庫前に戻って車高の上がり具合を確認。

作業前の車高を測るのを忘れたから、どれだけ上がったかは分からないけど

4~5cmくらいは上がっただろうか・・・。

ノーマルだと若干の尻上がりだったのが、前上がりのテイクオフスタイル。

テイクオフスタイルは好みだし、ほとんど水平かと思えるくらいだから、

リヤはノーマルのままで良いかも?

一応、車庫内で荷台に水平器を当ててみたら、ドンピシャ水平だった。

ま、様子を見ながらブロックを入れるか純正のヘルパースプリングでも

入れてみるかもしれない。

これで、少しは大径のタイヤを履けるから山道や雪道での走破性が

上がって使い物になる・・・はず。

あ、でも、水平器を当てて確認してみたけど、まだポジティブキャンバーなんで、

上の取り付け穴にもキャンバー調整ボルトを入れて再補正しなきゃなんない。20131294

んで、夜は剣道の稽古に・・・。

中学生6人×3回、負けん気を出して相掛りをしたら体中が軋みをあげている。

明日は筋肉痛で仕事が辛いだろうなぁ~。