横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

「蛍になって帰ってくる」

チョイと鹿児島まで行ってきた。

南九州の旅。

22日に但馬空港発で今日の夕方に但馬空港着。

霧島温泉と指宿温泉で泊まって温泉を堪能。

ただ、今回の旅行の目的は知覧。

そう、知覧特攻平和会館が目的だった。

奇しくも、知覧特攻記念会館に行った昨日は、沖縄戦から72年目の沖縄慰霊の日。

で、知覧は昔から行ってみたいと思ていた。

何冊か知覧特別特攻撃隊の本も買って読んだし、今でも持っている。

今は亡き、私の剣道の恩師も特攻する間際に終戦となって生き残った方だったり、

爆撃機パイロットをしていた方だったりで、つい最近までご存命だったり、

80歳くらいまでウルトラライトプレーンで飛んだりしておられた。

酒を飲んでは、当時のことを話しておられたのが懐かしい。

そして、記念館が作られたことで、全国から提供された特攻隊員の残した直筆の

遺書を、テレビやビデオや写真じゃなく、実際に自分の目で見ておきたかった。

でも、読めなかった。

時間が足らなかったのもあるけど、流れる止まらぬ涙で読むことが出来なかった。

特攻隊員の平均年齢21歳とチョットで、若い人は17歳。

その人達の直筆の遺書は、物凄く奇麗で、国と言うよりも愛する人を守るために

死ぬための晴れ晴れとした想いが伝わってきた。

もっと生きていたかったに違いない。

でも、愛する人を守るために命を捧げることは、それを上回ったのであろう。

ただ、特攻が遺書に書かれている様に、轟沈とかは出来なかったはず。

ほとんどが、敵艦隊に突撃するまでに撃ち落されたりして、思うような成果を

上げられなかったはずである。

今、世界中で自爆テロってのが頻発している。

でも、特攻と自爆テロは違う。

イスラム教を全否定するつもりはないが、日本は太古から一般人を巻き添えにしない

戦をしてきた。

それは、日本戦が絶えなかったが、日本は城を守る堀や城壁はあっても、他の国の様に

国を守る壁とかがないことを見ると分かる。。

これは、戦になっても一般人を巻き込まず戦闘員だけで決着をつけるってなスタイルを

取ってきたに他ならない。

世界の他民族は違う。

殺る以上、女性も子供も根絶やしにするってなスタイル。

ま、考え方はシンプルで、生き残りを作ったら、いつかは生き残りが勢力を持って

殺されかねないから。

ならば、根絶やしにすべしは間違っていない。

・・・が、私は嫌だ。

なぜならば、日本は戦国時代にあっても「敵に塩を送る」ってなこともあるほどで、

戦闘員と非戦闘員は分けて考えていたのである。

だから、自爆テロってのは、ここが大きく違う。

一般人を巻き込む、つまり非武装の一般人をターゲットにするのは攻撃はアカン。

あ、それと日本人のルーツは、今のイスラエルのユダ属の末裔が日本に来て

大きな力を持って今の日本人の一部になったと言われている。

これは主観なのだけど、一般人を巻き込むことを是としてテロをするイスラム教の

人達と違い、ちゃんとした倫理観を持った人達だったと思う。

でなければ、日本を日本人を説明できない。

んでもって、この記念館のもう一つの目的は、地球上で唯一残っている四式戦闘機

「疾風」を見たかった。

 この「疾風」が残っているのは、当時の敵国アメリカ様のお陰でもある。

アメリカ軍は、運良く生け捕りにした疾風を調査したらしい。

その後、アメリカ国内でスクラップにされかけていたものを、エド・マロニーって人が

救出してレストアしてくれ、実際に再び空を舞っている。

ただ、その後、何とかと言う実業家が買い取り、どう言った経緯かはしらないが、

京都の嵐山美術館に引き取られることになり、この嵐山美術館が最悪で屋外に放置。

せっかくの良い状態だったのを劣化させたらしい。

嵐山美術館、最悪ぅ~!

で、紆余曲折の結果、知覧特攻平和会館に引き取られ展示されている。

「蛍になって帰ってくる」

これは、実話を映画化した「俺は、君のためにこそ死にに行く」でも有名な一節。

ま、ここでは書かないと言うか書けない。

目を閉じる度、遺書が思い出されて涙が流れる。

このブログを覗いてる変わり者の皆様、自分で調べて下さいまし。

ちなみに、この特攻隊員の命の上に、私達の生活があることは忘れてはならない。

特攻と言う戦闘手段で得られたものはないかもしれないが、私達日本人は、このことで

生かされていることを忘れてはならない。

そして、改めて戦争をしてはいけないと心に刻まなければならない。

ただ、愛する人を死なさないためには、戦うことも必要ではある。

ちなみに、11人もの朝鮮半島出身の若者も特攻で亡くなっている。

韓国出身か北朝鮮出身かは分からないけど、当時は朝鮮半島も日本だったからだけど、

日本人として特攻隊員として命を亡くしている。

日本は北朝鮮を国家としてみなしているから、今の韓国か北朝鮮かは分からない。

私は、今の韓国や北朝鮮は嫌いである。

何故ならば、国が歴史を正面から見ずに嘘を本当だと教育しているから。

嘘も100回繰り返せば本当になると言うのが根本にあるからか・・・。

今の国も人としても嫌いだけど、嫌いじゃなく好きだったり尊敬する人はいる。

それと、特攻隊員として命を落とした朝鮮人や台湾人等には頭が上がらない。

彼らの遺書を読むと涙が止まらない。

このブログを覗いてしまった変わり者の皆様で、知覧に行ったことのない皆様、

どうか、機会を作って知覧に行って下さいませ。

美しき文字、美しき詩、美しき生き様・・・。 

ちなみに、優秀な日本人って、戦争で亡くなっちゃってるんでだよねぇ~。

頭が良くて技術があった人ほど戦死している。

なので、私は勿論だけど、生き残ってている今の日本人はポンコツなのである。

唯一の希望は、奇跡的に生き残った優秀な人の子孫か?

これ、知識人を粛正しまくった独裁国家でも言えるけど・・・。

f:id:yokozukioyaji:20170624224533j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170624224704j:plain

広告を非表示にする