読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

届かぬ想い・・・

通勤では、ちょっとした雨でも雪でもジャイロキャノピーを使っている。

だから、日常的にバイク(近い乗り物?)に乗っているんだけど、こないだから

キャブレターの掃除をしたりとかして、キック2~3回でエンジンが掛かるようになった

KLX250の自賠責を入れて乗ってみた。

これからのシーズン、山とかを走ろうと思ってね。

で、調子を見ながら神鍋方面を流してた。

一時停止でエンジンも何故か停止。

再始動を試みるも反応なし。

道の駅の前だったんで、そのまま下り道を利用して再爆発に成功。

f:id:yokozukioyaji:20170510183158j:plain

その後、給油後に家の近くの林道を走ってみた。

そして、その時は来た。

タイトで登りのきつい右カーブに差し掛かった時、突然のエンスト。

当然、バイクは右に倒れそうになるんで、右足を出す。

右足を出すんだけれど、足が届くことなく転倒。

決して、モトクロッサーのような激しくカッコ良い転倒じゃない。

チビだからなのか、足が短いからなのか、バイクの足付き性が悪いからなのか、

弱々しくボテっと転倒。

それでも、背中、肩、ヘルメットをガシっと地面で打った。

もちろん、怪我をするほどじゃないけど・・・。

届かぬ想いは、届かぬ足なのである。

んで、再スタートをして林道を進むもんの、途中で大きな倒木があって引き返した。

f:id:yokozukioyaji:20170510183306j:plain

ちなみに、信号とか一時停止でも何度かエンジンストールして再始動した。

やっぱり、届かぬ足だけに、歩道の縁石に左足を乗せてのキック。

情けねぇ~!

で、エンジンの吹けとかパワーはバッチリなんだけど、低回転が不安定。

アクセルを戻してクラッチを切ると、低回転で安定する・・・かと思った矢先に

更に回転が落ちてストール。

だから、エンジンを回して走ってる時は良いんだけど、信号なんかで止まった時に

トールしちゃう。

パイロットスクリュー調整をしてないから、それかもと思い帰宅後にチョイ弄り。

短いドライバーの柄にマジックで印を付けて、元の位置が分かるようにして調整。

アイドリングを安定させようと思い少し戻したら、アイドリングからのアクセル開放に

息つきをしちゃう。

んで、今度は絞ってみるとストール。

そして、エンジンは掛からなくなった・・・。

その後、100回くらいキックしたがエンジン掛からず。

大腿四頭筋をパンプアップして脱水状態になりビールで水分補給。

もう、これで今日は乗れない・・・。

一応、プラグを外して確認。

そうそう、この男カワサキ駄作のKLX250SRはプラグを外すのも大変。

燃料タンクを外すのがセオリーだけど、実はジャストのプラグレンチがある。

それが何かは分からない。

家にあった、何かの農機具のプラグレンチ。

これが、微妙なサイズで使えるのである。

プラグレンチでお悩みの皆さん、農機具からの流用もありでっせぇ~!

んで、インターネットで規定値を探して、パイロットスクリューを全閉からの

1回転と5/8に再設定。

そして微調整。

取り合えず、アイドリングも吹け上りも良くなった。

どうして男カワサキは、こんな駄作を世に売り出した???

確かに、パワフルではあるのだけれど・・・。