読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

一応、黄金週間ってことで・・・

今日から世間様はゴールデンウィーク

まぁ、土日祝日関係なく仕事なんだけど、今日は公休日。

ってな訳で、強い北西の風が吹きそうだし、今日は今季初のカイトサーフィンだぜっ!

と言いたいところだったんだけど、残念ながら昼から孫ちゃん達の守り。

んで、孫ちゃん達が来る前にと、午前中はKLX250のキャブ清掃の続き。

メインジェットとスロージェットはもとより、各部を徹底的に清掃。

キャブの清掃に必須なのが、荷物に浸けるエフとギターの弦を交換した時の切れ端。

特に1弦の切れ端が細くて都合が良い。

ただ、弦は固いんで、弦で貫通させた後に、エフの針金で仕上げする。

良い子の皆さん、覚えておいて損はありませんよぉ~。

そして弦を見て思う、最近はギターを弾いてないなと・・・。

そんなこんなでキャブレターを完璧な状態に仕上げて装着。

外すのも苦労したけど、それ以上に取り付けるのに苦労した。

まるで知恵の輪。

何やかんやと苦労して組み上げてエンジン始動・・・。

の筈が、やっぱり掛からん!

ま、ここまでは予測済み。

キックすること数十回。

途中、1回だけ今まで経験したことのないようなアフターファイヤー。

車庫の爆音と共にシャッターを揺れ動かし、ちょっとビビった。

それでも掛からず、道路で押し掛けするも掛からず。

押し掛けしてると、近所の高齢者が出てきて「爆発が続いとらんなぁ~」と・・・。

まぁ、とにかく田舎のジジイは人生の経験値が物凄いから、そこらの勉強だけで

技術者を名乗ってる若者より遥かに高い知識と技術を持っている。

そんなジジイ達に囲まれながらの押し掛け。

でも、掛からずに撤収。

カワサキのバイクは「男カワサキ」と呼ばれるくらいマニアが多い。

確かに、味があるメーカーである。

ただ、メンテナンス性とか使い勝手は最悪。

その中で、このKLX250SRは最悪中の最悪。

林道を走ってて急坂の途中でエンストした時は大変。

セルモーターがないんで、その場でのエンジンの再始動が不可能に近いんで、

下まで降りなきゃなんない。

しかも掛かりが悪いし・・・。

んな、不満を抱きながら、次に出来るプラグからの火花の確認と清掃。

バッチリ火は出てるし、清掃も完璧。

そして、エンジン始動の再チャレンジ。

すると十数回でエンジン始動。

停止してからの再始動も調子エエ~。

冷却水の漏れを除けば・・・。

ま、次に頑張ろう。

f:id:yokozukioyaji:20170429234259j:plain

んで、昼から孫ちゃんが来た。

まずは公園。

葛野浜のライブカメラを見ると、数機のカイトサーファーとウィンドサーファー。

ん~、一緒に遊びたかった・・・。

そして、その後は神鍋にドライブ。

アップゲレンデでマウンテンボードをするシカを見る。

すると、終始無言で車に近付いてきて、お孫ちゃん達と握手して名刺の手渡し。

シカだと思ってたら、名刺には「赤鼻のトナカイ ルドルフ」と書いてあった。

何故ゆえにトナカイ?

んで、孫ちゃん達がいたから声を掛けなかったけど、恐らく〇〇さんだったと思う。

子供の夢を壊したらアカンからねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170429235446j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170429235521j:plain

んで、その後に帰宅して家でバーベキュー。

f:id:yokozukioyaji:20170429235659j:plain

何だかんだと頑張った、黄金週間初日のジジイの頑張り。