読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

今日は雨だと言ったな?

スキー

(スキー:36日目)

天気予報は、今日は雨だと言っていた。

そのつもりで、休みの今日はシカが獲ろうと思い、昨日の夕方に罠をセットした。

朝、目が覚めると晴れていた。

何てこったと思い、山に罠を見に行くと、何も掛かっていなかった。

良いのか悪いのかは別にして、一安心してスキーへGO!

道中、西の空にモーニング・グローリーみたいな雲を見た。

写真では分かり難いけど、あまり見ないと言うか、私は初めて見たかもしれない。

あの雲の上を飛んだら気持ち良いんだろうなぁ~。

あ~、空を飛びてぇ~!

f:id:yokozukioyaji:20170302204313j:plain

で、到着すると、気持ち良い晴れ。

今日は雨だと言ったな?

あれは嘘だ!

天気予報なんて、そんなもんだけどねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170302204532j:plain

んで、午前中は5線を中心に滑った。

林抜けコースを調査のために入ってみた。

斜面が何か所もバックリと口を開けていた。

上からは見えないので、そこを無警戒の人がコース取りすると事故に繋がる。

今後の、僅かばかりの降雪では埋まらないので、知らない人は入らない方が良い。

f:id:yokozukioyaji:20170302204606j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170302204638j:plain

そして、毎年シーズンだけど、5線パトロール事務所前に、何かのキャラクターの

雪像が作られる。

今期はミニヨン。

なかなかのハイクオリティー。

トロール員さんが、時間を見つけて作ってるんだろうけど、一見の価値はある。

ただ、これを見ようと思うと、5銭まで上がって来なきゃなんないんで、

見てほしい子供には無理なのが残念。

で、パトロール員さんは3人しかいないんだけど、その内の誰かさんのはず。

下のコースとか、駐車場付近にも作って欲しいと思うくらいの出来栄え。

いや、ホントに、それを目当てにスキーに興味のない人来るし、スキーのついでに

それを見せようと思う親御さんもいると思うんで、集客力のアップに繋がると

思うのです。

f:id:yokozukioyaji:20170302205533j:plain

昼からは、コブを堪能。

スノーボーダーのHさんも果敢にコブに突入。

でも、木っ端微塵になって「下手クソになったんかなぁ~?」と言っていた。

大丈夫です、私の癖をつけたコブはスノーボードには無理です。

だって、普通に上手に滑るスキーヤーでも木っ端微塵になるのだから・・・。

あ、木っ端微塵になりながらも、果敢に攻めてたリュックを背負ってた女子がいた。

カワイイ系の若い女性。

あのコブにアタックして、木っ端微塵になりながらも楽しそうにしてたのが印象的。

自分からコブの攻略法をアドバイスしたいと思ったのは初めてかもしれない。

それほど、コブへの入りが潔かったし、弾き飛ばされた時の楽しそうな感じは、

見ているこっちがウキウキした。

コブなんて、いつか滑れるようになりたいとか、教えてもらったりビデオや教本を

見たりして滑られるようになるものではない。

経験でしか身に付かない。

怪我して、怖い思いして、理論とかを考えず、チョットしたコツで滑るしかない。

で、そのチョットしたコツだけど、コブが苦手だと言う人は、間違いなくストックを

上手く使えていない。

そんな人は、整地でも上手く使えていない。

コブの高い位置から溝の一番低い位置にスキーを落としてブレーキングしたら、

慣性力が働いて上半身が前に投げ出される。

その時に、ストックをコブの頂点辺りに突くのである。

頂点辺りってのは、コブによっては柔らかいこともあるし、潰れていることもあるし、

パッと見た時に、安全で良い位置を判断して突くから、あくまでも頂点辺り。

で、そのストックを強く突くための予備動作として必要なのは、口元に手を持って

行くこと。

そうすることによって、体はフォールラインから外れないし、前傾も維持できる。

あ、前傾と姿勢が低いってのは別。

んで、しっかりとストックを突いたら、それを軸としてターンが始まる。

ここで足に力を入れてはダメ。

暖簾に腕押しじゃないけど、コブからの反発力を足を縮めて受け流す。

そして、谷に向かって板を落としての繰り返し。

ただ、洗練されてくると、ストックを突く強さも柔らくなる。

そして、コブからの反発力に対しては、ある程度の力を入れられるようになる。

板を縦に入れて、反発力が発生した瞬間に、頭の位置が動かない程度に膝と上半身を

前に出すことでスピードをコントロールする。

ま、それは、かなりコブを滑りまくった人の域なので、コブを滑りたいレベルの人は

無視したら良い。

大切なのは、前半の部分。

機械が苦手な人には分かり難いかもしれないけど、自動車やバイクのサスペンションを

イメージしたら良い。

スプリングがスキーヤーの全身。

ショックアブソーバーが筋肉。

ブレーキがストック。

ワシ、エエこと言ってない?

f:id:yokozukioyaji:20170302205813j:plain

そんでもって、滑ってる時に、昨日の記事に板のサイドウォールが壊れたことを

書いたんだけど、欠損した一部を見つけたんで拾って帰った。

帰宅後に、一部だけど張り付けた。

ん~、全てを見つけることは不可能だろうな・・・。

f:id:yokozukioyaji:20170302210113j:plain