読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

お願いです、壊さないで・・・。

スキー

(スキー:27日目)

今日は予定外の昼までの残業。

でも、やっぱり、天気も良いしスキーに行きたかったのぉ~!

ってな訳で、行きましたよ。

で、滑り出しは午後12時半頃。

上のコースまで上がるには時間が勿体ないし、上の状況も分からないから、下の

コースで遊ぶことにした。

もちろん、コブ遊び。

と思ったが、この時間になってもコブがないではないかっ!

なので、フラットな斜面にコブを作るところから始まった。

で、いっそのこと、ピッチの小さい難しいコブを作っちゃりましょうと思い、

まずは、プロペラターンでラインを付け、そこを抉って溝を掘る。

5~6本ほど掛かったろうか・・・。

更に、止まるような蹴り込みで滑りコブを作った。

コブらしくなったのは、2時間以上も経った頃で本数は分からない。

我ながら、難しいピッチの小さいコブが出来たのは良いけど、その頃には足も腰も

ヘロヘロ君。

そして、やっとスクールのS先生が生徒さんを連れてコブに入ってくれた。

ん~、やっぱり先生も生徒さんも足前がお上手。

そうしている内に、上のコースに行ってた知り合いとか、知り合いの知り合いとか、

知り合いの知り合いの知り合いとかが降りてきて、多くの足前に覚えのある人達が

コブに入ってくれた。

そして、皆さん「コブを使わせてもらいます」と言ってくれた。

それと同時に「ピッチが小さいですね」とも・・・。

嬉しかった。

だって、自分自身が苦しむコブを作りたかったんだもの。

そして、私も難儀したけど、多くの人も難儀してくれた。

でも、それが面白いみたいで、何度も何度もアタックしてくれた。

「ピッチは狭くて難しいけど、同じリズムで刻めて楽しいわぁ~」と喜んでくれた。

下のコースで、初めて最終まで滑った。

明日には、コース整備でなくなるかもしれない儚いコブ。

特に作りかけの写真では分かりにくいとは思うけど、オクカンにしては長いコブ。

しかも、邪魔にならない様に端っこに作った。

コース整備スタッフさん、お願いです、コブを壊さないで下さい。

これがあるだけで、スキーヤーは集まるのです。

パークに集まるスノーボーダーと同じなのです。

コブはスキーヤーにとって、遊び道具なのです。

コブ初心者にとっても、上級者にとっても、乗り越えたいハードルがあることで

人は燃えるのです。

だから、お願いです、壊さないで・・・。

S先生、スタッフさんに行っておいて下さい。

f:id:yokozukioyaji:20170215221657j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170215222035j:plain