読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

雪空、ひとりきり

(スキー:22日目)

朝方、猛烈に雷が鳴っていた。

嬉しい雪起こし。

昨日の夕方に仕掛けたシカ狙いの罠を見に行くと、罠のすぐ近くを歩いたみたいで、

罠が動いちゃいたけど捕れてなかった。

なので、強い雨が降ってて悩んだんだけど、やっぱりスキーに行っちゃいましたぁ~!

神鍋に着くと、雨も霙に変わり、スキー場に着くと雪に変わった。

山頂付近で、今朝からだと思うけど10cmほど積もってた。

雪は、猛烈な勢いで降ってて視界も悪く、滑るよりも休憩の方が多かった。

f:id:yokozukioyaji:20170206175345j:plain

そして、さすがに今日は雨で諦めたのか、常連の爺様たちも来てなかった。

いつもは爺様たちのサナトリウムと化している休憩所も1人きり。

滑るのは自分のペースで滑りたいから、いつも1人きり。

井上陽水の「青空、ひとりきり」の様に、「雪空、ひとりきり」の今日。

私が帰るまでに、更に20㎝ほど積もったし、その後も降り続いてるんで、明日は

神鍋新雪深雪不親切が楽しいかも?

ただ、気温がそれほど低くないんで、重い深雪。

なので、浮かせられる太めの板のお持ちの方は、面白いと思いますよぉ~!

f:id:yokozukioyaji:20170206175418j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170206175442j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170206175503j:plain

んで、帰ってから、某地区公民館から貸してほしいと頼まれていた燻製機を

軽トラに乗せて配達。

公民館スタッフに、使い方と燻製の作り方をレクチャー。

そして、夜は剣道の稽古。

この時期に小学校の体育館での裸足は辛い・・・。

やっと体も足も温もった頃、終わりの時間。

でも、スキーのためには、もっと寒くなってほしいしなぁ~。