読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

足らんのです

(スキー:19日目)

今日から2月。

早いもので、スキーシーズンも残り半分になってしまった。

何やかんやとあって、40日を越えられるか怪しい。

で、今日も朝から奥神鍋へ。

熱心に練習されてる、スクールのO夫妻にご挨拶。

こんな私に温かく接してくれる夫妻に感謝。

スクールの方々と対照的な、ふざけた滑り方しかしない私なのに・・・。

そして、ベースの無料休憩所。

ここでも、いつもの真面目に滑ってる顔馴染みメンバーさんが声を掛けてくれる。

有り難いことである。

私みたいな、好き勝手な滑り方をしてても、好き勝手な場所を滑ってても、

受け入れてくれる奥神鍋スキー場は最高である。

こんなに許容量が大きい、悪く言えばルーズなスキー場は他にない。

奥神鍋は、多少の事故があっても、このスタイルだけは崩さないでほしい。

このスタイルこそが、集客量を伸ばすと思う。

本当に良い人達で溢れているのである。

ただ、足らないこともある。

雪が足らんのです。

もちょっと降ってくれんと、深いコブを作れない。

少しずつで良いんで、毎日降って欲しい。

雪不足だけは仕方ないが、何とか増えてほしい。

そして、食料が足らんのです。

今日は178円もする鍋焼きうどんとお握りを買って行ったんだけど、リュックに

お握りを入れ忘れて、昼飯が鍋焼きうどんだけだった。

これだけじゃ、私の胃袋は満たされない。

そしてそして、今日のスキーの記録が足らんのです。

途中で、一時停止の操作をしちゃってたみたいで、記録が途中まで。

そしてそしてそして、刺激が足らんのです。

スピードを出しても出しても、満足できないのである。

コブを弾かれるギリギリのところで滑っても、ワクワクしない。

もっと、涙と鼻水をちょちょぎらせて滑りたい。

そして最後に言えること・・・。

私は脳が足らんのです。

絶対に、人として大切な何かが欠落してる。

自由落下運動では満足できないのである。

痛みや恐怖が快感。

ひょっとして、これはマゾヒズムなのか?

やっぱり、人間として何かが足らんのです。

足らんのです・・・。

そう、足らんのです・・・。

f:id:yokozukioyaji:20170201164825j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170201164855j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170201164920j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170201164943j:plain