読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

私、〇ッパイしますので!

(スキー:9日目)

昨日の夕方にシカさん狙いで仕掛けた罠、残念なことに掛かっていなかった。

ん~、かなり自信があったのになぁ~。

で、明日は剣道稽古始の会をするんで、掛からない様に木の根元に移動。

私、シッパイしますので!

ん、誰か「私、オッパイしますので!」って想像したんちゃうかぁ~?

んで、今日の予定がなくなったんで、スキーに行きましたよ、はい、そうですとも。

土曜日と言うこともあって、チームユニフォームやゼッケンを付けた人が多かった。

検定を受けたり、基礎スキーの大会に出る以上、あれがスタイルなんだろうし、

否定はしないけど、下手糞な私には無理だわ。

極度な前傾と言うか、上半身が低いと言うか、お尻が出ていると言うか、

常に全身の筋肉に力が入ってる感じ。

横着滑りな私は力を入れない。

コブとか林の中とかガッサガサの荒れた悪雪とかを滑るには、力を入れないってのが

私の持論。

どんな運動でも、如何に脱力しているかが重要。

例えばロシアン格闘技のシステマとか、空手の瓦に手を密着させたままでの瓦割り。

大きくストロークさせて大きな力を生むのは当たり前だけど、数㎝とか密着状態から

爆発的な打撃を与えるためには、フニャフニャの筋肉を一瞬にして緊張させる

必要がある。

ってか、それだからこそ、爆発的なパワーが発生する。

私がイメージしている滑り方もそれ。

全身をフニャフニャにして滑ってるからこそ、一瞬一瞬で受ける重力とか遠心力とか

大きな壁みたいなコブの衝撃に耐えられるんだろうと思っている。

それには、やっぱりスピードに慣れることが大事。

スピード出して、恐怖しコケて、痛い思いをすれば身に着くと思うのっ!

でも、それって、スキーの指導上はタブーなんかもねぇ~。

あ・・・、そう言えば昨日、スキー場で見付けた剣道やってる小学生に

「もっとスピード出さんかい!」と言いまくったっちゃった。

ま、エエか???

f:id:yokozukioyaji:20170107172016j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170107172044j:plain

あ、それと、スキー場の休憩所で、Oさんからシカやイノシシの肉を、お金を出すんで

食べてみたいってお願いされたから、本気で近い内に捕らなきゃなんない。

もちろん、僅かの手間賃だけ頂ければ、肉にしてお持ちするんで、しばしお待ちを!