横好きオヤジの見聞録

何をやっても二流か三流で一流にはなれない下手の横好きなオヤジの日記

雪はあるのにねぇ~

(スキー:44日目)

昼過ぎまで仕事だったんで、帰宅したのは1時前。

ま、それでも奥神鍋も終了が間近なんで行きましたよ、スキー。

残すところ3日なんでね・・・。

3線までしか動いてないけど。

んで、1線のコブを中心に1時間半ほど滑った。

5線や6線は、まだまだ雪はあるのにねぇ~。

ってか、下の方も、1線の一部に土が出てるだけ。

ま、スタッフさんの都合や、来客数を考えたら仕方ないけど。

f:id:yokozukioyaji:20170323193950j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170323194024j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170323194055j:plain

奥神鍋スキー場も、他の有名どころのスキー場と同じく経営は厳しい状況にあるはず。

何とか、来客数が増えてほしい。

私はスキー場関係者ではない。

スキー場入り浸関係者ではあるが・・・。

ただ、スキー場で勤務している友人知人は多い。

そして、スキー場が閉鎖してしまうと私が楽しめない。

日本からスキー場はなくならないと思う。

ただ、近くてコースの楽しい奥神鍋スキー場がなくなっては困るのである。

私が出来ることは、このブログでスキーの楽しさを伝え、奥神鍋スキー場、

通称オクカンでの出来事を伝えるくらいか・・・。

何かの縁で、このブログに辿り着いた新雪深雪不親切を楽しみたい方は、騙されたと

思って奥神鍋スキー場にお越し下さいませ!

良いのか悪いのか、一部しかピステンを掛けないオクカンは、新雪が降った翌日は

パウダー三昧のやりたい放題である。

神鍋雪だけど・・・。

これも良いのか悪いのか、滑走禁止区域はないに等しい寛容なパトロールさんの

オクカンは、他のスキー場では味わえない醍醐味がある。

もちろん、神鍋雪だけど・・・。

誰も立ち入りなさそうな林の中を滑りたい人、雪庇と共に落ちたい人、死ぬかと

思うような体験をしたい人には間違いなく面白いスキー場です。

スキーの本当の楽しさを味わえる奥神鍋スキー場を体験して下さいませ。

さよなら、5線。

(スキー:43日目)

朝、地区の日役を済ませてスキーへGO!

もっと早くに出撃したかったが、さすがに役員の自分自身が呼び掛けての

地区内に配備した消雪剤の片付けや公園のトイレ掃除だから・・・。

で、いつもなら、この連休でクローズしちゃう奥神鍋も、今季は雪が多いことから

頑張って26日まで営業してくれる。

ただ、スタッフさんを確保が難しく、5線と6線は今日で終了。

さよなら、5線。

f:id:yokozukioyaji:20170320212422j:plain

一応、丁寧に5銭と6線を滑って、ロッジ「四季の森」で昼食。

室内にH岡さんが撮った写真が飾ってあった。

写真はH岡さんが撮ったK岡さんがモデルの写真。

こないだ、H岡さんとリフト上で話をしてる時に「エエ写真が撮れてなぁ~!」と

聞いていた。

でも、K岡さんのグローブが・・・。

確かに、湿り気タップリの神鍋雪では濡れずに最強なんだけどねぇ~。

f:id:yokozukioyaji:20170320212308j:plain

で、残念ながら、お気に入りのラーメンは品切れだったんで山菜うどんを食う。

そして、スタッフさんに別れの挨拶。

f:id:yokozukioyaji:20170320213139j:plain

5線のコブはピッチが大きく間延びしてて面白くないから、昼前に1線に移動。

1時まで下のコブをやって撤収。

そう言えば、こないだスクールのN夫人に「スクールで、〇〇さんは何を

目指してるんだろう?」と話が出てたと言われた。

「目指してるものはないんです!」と答えた。

ん~、自分で明確にしてなかったけど、やっぱり目指すものがあった。

どんな斜面でも自由に速く滑ること。

特に、コブではダイナミックに速く滑って、見る人を魅了すること。

勿論、出来ていないし出来ないと思うけど。

でも、ホント、シンプルに人間が作った自然現象を使った最速の移動ツールを

楽しみたいのである。

f:id:yokozukioyaji:20170320213256j:plain

帰宅後、お孫ちゃんのための学習机作り。

残すところサンドペーパー仕上げとニス仕上げ。

生きることを諦めた夜

一昨日から我が家のニャンコさんの体調が悪くなった。

それまでは元気だったのに。

そして、尿に血液が混じると言うより、尿道から出血したんで、今日の夕方に

病院に連れて行った。

尿路結石からの尿閉かもしれないと言うことで導尿。

しかし、尿は出ずに引けるのは血液だけ。

そして、触診で膀胱の異様な硬さが発見された。

素人の私でも分かるほど。

残念だが、膀胱に大きな腫瘍が出来ているようで、そこからの出血。

症状が早ければ、鳥取大学農学部付属の動物医療センターでなら手術可能かも

しれないと言われたが、腫瘍の大きさ的にも、体力的にも無理。

もし、発見が早く可能であっても、手術までしたかは分からない。

かなりの費用が必要だろうから・・・。

今、出来ることは、最期の時まで一緒にいてやること。

明日の朝には冷たくなっているか、明後日の朝になっても息をしているかは、

誰にも分からない。

一昨年の11月、寒い夜に魚釣りにっていた愚息が、箱に入れられて捨てられていた

子猫を拾ってきた。

掌に乗る小さな子猫。

拾った日は月が奇麗な夜だったことから、「ムーン」と名付けた。

「ムーン」は呼び難かったから、いつのまにか「ムー」になってしまった・・・。

アッと言う間に大きくなり太々しくなってしまったが、抱っこしたら喉を鳴らしながら

肉球をチュッチュチュッチュと吸う癖は治らなかった。

十分な母の温もりを知らずに捨てられたからか、僅かなその温もりを思い出すかの様。

ニャンコが私を見る瞳は生きることを諦めている。

残り僅かの時間だが、一緒にいよう。

f:id:yokozukioyaji:20170315210216j:plain

今日はボッチじゃなかった

(スキー:42日目)

今日は、奈良からReIsmスキー信奉者であるW氏がオクカンへ・・・。

で、いつもボッチスキーをしている私だが、今日はW氏とセッション。

ReIsmの他の板のことなどを教えてもらい、次に買う板の参考になった。

そして、趣味が同じだし、物事に対する考え方も同じ。

特に、スキーの楽しみ方も同じ。

いやぁ~、楽しかったです。

おまけに、お土産まで貰っちゃった。

超辛口の日本酒。

ゴチになります

酒は、私にとってガソリンなんでね。

お返しと言っても何もないけど、イノシシやシカを食べたいとことで、我が家まで

ご案内して、それらの肉をプレゼント。

気に入って貰えたら、来期も確保しときます。

f:id:yokozukioyaji:20170313202506j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170313202546j:plain

で、お見送りした後、この4月に小学校に入学する、お孫ちゃんにプレゼントする

学習机の作成。

既製品を買うつもりだったんだけど、娘宅は数年後にリフォームするらしく、

それまで待たせると言う。

ただ、子供にとって、小学校入学は中学とか高校とか大学より最も大切なイベント。

なので、「爺ちゃんが、今の家に合わせたサイズの学習机を作ってやる!」と

宣言してしまった。

新聞広告の裏に書いたイメージ図。

かなり手強いとおもいながらも、数日前から作り始めて、ほぼ骨格が完成した。

後は、引き出しを作って取り付けるくらい。

まだまだ公開する訳にはいかないが、素人レベルなら、かなりの出来栄えと思う。

ちなみに、写真がお孫ちゃんが書いた、欲しい机のイメージ。

これを具現化するのがジジイが見せる技。

驚愕させてやるぜっ!

f:id:yokozukioyaji:20170313202625j:plain

負けて学ぶ

今日は京丹後市の剣道大会に参加させてもらった。

あ、大人じゃなくて小学生ですけどね。

で、予選のグループは強豪揃い。

引率として失格かもしれないけど、決勝進出は諦めて、強豪と戦うことでの

学びを期待。

で、結果は、もちろん各チームに対してボロ負け。

唯一の勝ちは、1人だけ抜き胴での1本勝ち。

さすが、強豪。

稽古量と指導の質が違う。

負けて学ぶしかない。

同じ小学生、同じ体力、同じメンタル。

違うのは稽古量と良い指導。

残念ながら、足元に及ばない。

少しでも近付けるよう頑張ろう。

 

f:id:yokozukioyaji:20170312224420j:plain

春便り

(スキー:41日目)

朝、何やこんなで、ゆっくり目に出勤・・・ちゃうちゃうスキー。

午前中は天気も良かったけど、昼から降り出した。

と言っても、やっぱり春の雪。

物凄く引っ掛かる。

この雪が降るようになれば、スキーシーズンの終わりも近い。

春便りなのである。

なので、残り少ないコブを満喫。

f:id:yokozukioyaji:20170309203356j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170309203501j:plain

2時過ぎに撤収して、もう直ぐ小学生になる、お孫ちゃんへのプレゼントを製作。

何とか、今月中には完成させたい。

んで、自宅の裏山の山裾を探したらあった。

フキノトウ

摘んで帰って、夕食の一品に・・・。

これもまた、春便り。

f:id:yokozukioyaji:20170309203522j:plain

3月の粉雪

(スキー:40日目)

休みだった今日、読み通り冷え込んで雪が積もった。

早朝、家の裏山に登ったら、サラッサラの粉雪。

f:id:yokozukioyaji:20170308191959j:plain

罠に獲物が掛かってなかったんで、直ちにスキーへGO!

そして、取り置きしておいた旧4線と上の林の新雪を堪能。

と言っても、天気が良くて、10時ともなると重くなってしまった。

その後、3線リフト降り場上の林の中を滑った。

ここは、陽が当たらないのと、冷たい風が吹き付ける斜面なんで、午後になっても

そこそこ楽しめる。

ただ、尾根伝いに移動するんだけど、雪庇が大きく成長してて、下りるところがない。

そして、降り場を探して少し雪庇の端に寄った時、それは起こった。

足元の雪が割れて雪庇と共に落下。

幸い、小さい雪庇の場所だったんで3mくらいの落下で済んだ。

それと、下が急斜面だったんで、落ちた雪庇が転がってデブリになってくれたんで、

埋まることなく助かった。

自分で飛ぶ落差3mなんて大したことなく楽しいくらいなんだけど、意思に反して

落ちる3mはなかなかスリリング。

ちなみに、写真の数個の雪玉の直径は1m以上で、雪庇の高さは約3m。

他の5~6mの雪庇の所じゃなくて良かったぁ~。

良い子の皆、真似しちゃダメだぞっ!

f:id:yokozukioyaji:20170308192203j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170308192243j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170308192446j:plain

で、帰宅してから、某医院へ・・・。

花粉症と、その影響で発症した気管支炎の治療。

点滴をしてもらって、薬を貰って帰宅。

ホント、毎年のことだけど辛い。

鼻水と目の痒みだけならまだしも、咳喘息と気管狭窄で呼吸困難になるし、

酷い時は肺炎にもなるから恐ろしい。

レントゲンを撮ってもらったら、肺炎にはなっていなかったんで一安心。

これでも、デリケートなのです。

んで、帰宅してから、イノシシのスペアリブを焼いて食べた。

塩コショウで味付けしてオーブンで5分、更にビールを振り掛けオーブンで5分。

肉は極限まで残さずに骨外したんで、肉を楽しむと言うより骨膜を楽しむ。

スペアリブは、骨膜が美味いんだわっ。

イノシシとシカのスペアリブは、まだ沢山あるから秋までかけて楽しむのである。

狩猟期の終わりまで、あと一週間。

イノシシとシカを1頭ずつ取れたら良いんだけど、ちょっと無理かなぁ~?

f:id:yokozukioyaji:20170308192646j:plain

フリサーダ&ブリザード

(スキー:39日目)

仕事から帰って、何やかんやと用事を済ませて、スキー場は雪だと言う情報を

得ていたものの、何となくスキーに行く気が起らなかった。

とにかく、こないだの晴天中に吸い込んだ花粉か黄砂だかPM2.5だか分からないけど、

鼻炎が酷くて・・・。

私の場合、鼻炎の症状が後鼻漏として出ちゃう。

なもんで、去年も肺炎になって入院するとかしないとかの騒ぎになった。

今のところ、入院しなきゃならないほどの症状は出てないけど、鼻水、咳、痰が酷い。

特に、後鼻漏で肺炎になるのは就寝中の鼻水が気管支から肺に流れ込んでの発症。

薬を飲んだり、花粉をガードしていても止められない。

肺炎にだけはならないようにしたいが、どうする訳にもいかず不安なのである。

んで、そう言いながらも、スキーに行っちゃいましたよ。

明日が休みなので、新雪は明日以降に取り置き。

今夜もフリサーダし、今日の日中もブリザード

ちなみに、フリサーダは方言で、降りそうだの意味。

「降りさぁ~だ」=「降りそうだ」なのである。

で、今日も山頂まで上がらず、下のコブばっかりやった。

午後2時頃になると、降り方が猛烈になるし雪起こしはなるはで撤収。

さすがに、視界不良で滑ってても面白くないし、コブをやるには怖い。

f:id:yokozukioyaji:20170307214611j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170307214653j:plain

帰宅著中の神鍋「道の駅」近くのイチョウ並木。

写真では表現できないけど、雪景色が奇麗だった。

f:id:yokozukioyaji:20170307214707j:plain

シーズン・イン

(スキー:38日目)

今朝は、地区の用事があったのと、家庭サービス日のつもりだったんで、スキーには

行かないでおこうと思ってた。

でも、家庭サービスをしなくて良くなったんで、地区の用事が済んでスキーにGO!

到着も遅かったし、日曜日ってことで普通のコースは人が多いし、イノシシの

解体作業の続きをしなきゃなんないんで昼過ぎまでのつもりだったから、1線の

コブだけを滑った。

ここんところと言うか、今年は雪が多いからコブが安定してあるから、徹底的に

やってる感じ。

昔からコブ好きだったけど、こんだけ滑り倒せば、そこそこ上手くもなるわさ。

で、今日は兵庫県連のテクニカル・クラウンの検定が開催されてた。

皆さん、ホントに真面目に取り組まれてて、本当に尊敬する。

私みたいな不良スキーヤーは申し訳ない気分になる。

その反面、気楽な立場で好き放題にしているんで、緊張して一生懸命な姿を見たり、

話をしてると気の毒になる。

前にも書いたけど、言葉は悪いが金太郎飴みたいな滑り。

それは、お手本に近付くための努力であることは間違いないし、尊敬こそすれ

否定する気は全くない。

ただ、私を含めたレジャースキーヤーから見ても魅力を感じない。

だって、躍動感を感じないのである。

躍動感を感じないってのは、検定用の滑りとは別の意味。

滑りながら奇声を上げたり、コケて雪塗れになって楽しんだりってことがないこと。

 整地の滑りで速度も出てないのに堅っ苦しい姿勢だったりとか、コブでも端っこを

使った起伏のない小回りだったりとかで、恐らくスキーを始めたばっかりの人や

子供らは、それを目指そうとしない。

スキーが敷居の高いものであるって感じがするし、遊びの要素を感じないから。

もっと、自由に雪を楽しんで、ヒャッハ~な感じでスキーを楽しんで、落下運動を

利用して様々な地形を早く滑り降りる(移動する)って、シンプルな考え方で

スキーをしないと、将来のスキーヤーは生まれない。

特に、地元の人がスキーやスノーボードをしない。

これだけ山や海が近くにあるんだから、仕事の合間の時間を工夫すれば自然を

思いっきり楽しめる。

地元の人間が楽しんで、それをアピールして都会の人を呼び込まなきゃなんない。

そうしなきゃ、スキー場は破産して過疎に拍車が掛かる。

だって、どこのスキー場も、スキーが出来なかったら、山奥の辺鄙な村部だもの。

田舎は都会と同じことを望んだらダメなのである。

田舎は田舎の体力に合わせた楽しみ方をしなきゃダメ。

背伸びは破たんするだけ。

高い目標を掲げることは大切だけれども、誰もが楽しめる環境づくりも大事。

これは、人生にも仕事にも言えることかもしれない。

 スキーのことなのか、人生のことなのか、仕事のことなのか分からなくなったけど、

そんな訳だ・・・。

f:id:yokozukioyaji:20170305221916j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170305223424j:plain

で、帰宅後は、イノシシちゃんの解体作業。

今日の目標は、背骨からの剥離と部位別への切り分け。

3時間ほど掛かったけど、部位別への解体が出来た。

んで、またまた時間切れで雪に埋めた。

一部、ヒレと骨から削いだ肉を焼いて食べたら美味かった。

ま、美味くない筈もない。

だって、シカにしてもイノシシにしても、ちゃんとした処理をしてやれば、最高に

美味いのである。

んでもって、残念ながらシーズン・インしてしまった。

そう、花粉症。

数年前まで、花粉症で苦しむ人の苦しさが分からなかったのに・・・。

辛い花粉症シーズン。

一番乗り

(スキー:37日目)

今朝は、夜明けと共に目が覚めて、その後、どうにもこうにも寝られなかった。

なので、朝早くから、裏山に罠を見に行くが、何も掛かってなかった。

んで、今日は土曜日だけど天気が良いし、放射冷却で気温が低かったんで、

午前中だけの予定でスキーに行った。

リフト運行前から並んだのは今季初。

そして、早々に5線まで上がり、ピステンが掛けられた誰も滑っていない斜面を

クルージング。

ま、私の前に、1人の男性が「何人たりとも前に行かせん!」ってなオーラを

出しながらリフトに乗ってたんで、正確に言うと斜面に飛び込んだのは1番ではない。

ただ、滑る速度が圧倒的に違うので、コースイン早々に抜かさせてもらって、

気持ち良く一番乗り。

大人げないことをして、どうも申し訳ありませんでしたm(_ _)m

んで、人も多いんで飛ばせないから、万場に行ったり、あちこちクルーズ。

11時頃に1線に降りてコブ遊び。

まだまだ、コブをやりたかったが、12時半頃まで滑って撤収。

f:id:yokozukioyaji:20170304211840j:plain

f:id:yokozukioyaji:20170304212317j:plain

帰宅してから、昨日の朝に獲ったイノシシの解体作業。

今回は、丁寧に皮下脂肪が残るように皮剥ぎをした。

と言っても、なかなか上手く出来ない。

上手に出来る方法があれば良いんだけど、恐らく経験を重ねるしかない。

今回の様に、小さなイノシシでも休憩なしで4時間も掛かってしまった。

イノシシが取れたら肉を欲しいと言われるんで、タダであげたりもするが、

処理の手間を考えると割に合わない。

事実、正規販売はもちろん、ネットオークションとかでも高額で売られている。

だからと言って、私が精肉したものを売ることは出来ない。

法律上、出来ないのである。

恐らく、ネットオークションのものは違法。

そうそう、許可施設はないのである。

と言うことは、世の中のレストランで出しているジビエ料理ってのは、違法で

入手した肉を使っている。

日本中で消費されているジビエ料理で使われる肉を、許可施設だけで賄える筈がない。

まぁ、食べ物なんで致し方ないが、もう少し法律を緩和しなきゃならないと思う。

そうでないと、危険な違法行為が蔓延るし、害獣としての駆除も進まない。

駆除って言葉は嫌いだけど、害獣と言う位置付けなんで敢えて使うけど・・・。

ってな訳で、今回のイノシシちゃんは、一部を頼まれてる友人に渡すけど、残りは

自家消費する。

そのつもりで、冷凍庫のスペースを開けたし。

で、今日の作業は皮剥ぎまで。

裸にしたイノシシは、またまた雪の中に・・・。

ところで、もののけ姫のジコ坊の傘下にある組織、地走りの様にこの皮を被りたい人、

居られましたら早めに連絡下さい。

地走りごっこをするには、ちと小さいけど・・・。

f:id:yokozukioyaji:20170304212340j:plain